2015/07/12

フェイスブック友達3000人~4500人へ推移の感想、また価値観の合う人たちとの繋がり

以下、その時々の心境も語りつつ、ご紹介していきます。

◆3000人 [2015/05/31]

私は丸の内の外資系企業を辞めてから、一カ月ほど家でブログを追加しまくったり、フェイスブックで友達を増やしたりしていました。そして、今日まで約40日間くらいで、100人もいなかったフェイスブック友達が3000人になってしまいました…。一度、グループ投稿しすぎてフェイスブック側からブロックされて、グループ投稿ができなくなったり、トラブルもありました。

って、正直あんまりイメージできません。東京ドームの定員の10分の1くらいかな?って想像しながら…。

ちょうど、キリよく5月31日、つまり6月になる前にフェイスブック友達3000人を達成しました。フェイスブックは、2年前くらいにやったこともあったのですが、ずっとそのあとやっていませんでした。会社の人とか、出身校の同級生にみられたらどうしよう?という恐れから…。でも、マルチリンガールが誕生してから、そんな抵抗も何もなくなってしまいました。


今度は、8月までに上限の5000人に到達することです。今の勢いでいけば、すぐに到達すると思いますが、フェイスブックからブロックされるんじゃないか?と心配もあります…。

まだ、いわゆるお友達とは、3000人のうち100人さえ付き合いきれていませんが、私は今後、仕事を辞めて、もっと時間を作っていく予定なので、たくさんの交流を期待しています。


◆4000人 [2015/06/29]

フェイスブック友達3000人になってから、ちょうど一ヶ月で、4000人を達成しました。そんなに友達が増えて、何が変わったということはないのですが…。あくまでもほとんどの場合はオンライン上のお友達です。


ここまで友達の数が増えてくると、ちょっと、マルチリンガール姐さん、そんなに友達増やしてあなたはどこに向かいたいのですか?と突っ込みが入りそうですね…。

先日、フェイスブックで知り合ったお姉様と一緒にライブに行きました。私が化粧をお勉強したいと言ったら、お姉様が横浜まで飛んできて…。しかし急きょ、渋谷のライブに一緒に行くことになったのです。そこには美容界で生き抜いてきたある方とお会いできるというチャンスもあって・・・。

フェイスブックのお友達がたくさんになったから、どうとかというわけではありませんが、最近私の記事に少しでも興味を持ってくださるという方が増えてきたということもあり、YOUTUBEなどで気になった人に連絡してみると、結構お返事も返ってくるようになりました。

これもブランディング効果!?(笑)

ある人が、フェイスブックの友達が上限の5000を超えると、何か少し見える世界が違うというようなことをおっしゃっていましたが、おそらく私は一か月後それを見ることになるのですよね…?

ですが、やはりブログを書いて自分のことをみなさんにオープンにすることで世界が広がっているような気がします。それをまさに体験してるような気がします。

今までは会う人、会う人に、自分の話をしようと思って多すぎて話せなかったのですが、このブログがあるので、”じゃ、ブログ見といて~”だけで済ませられるようになりました…。

よく、4か国語話せるというと、興味津々に私の経歴を聞こうとしてくる方がいますので…。でも実際、話すときになると思い出せないものの方が多く、やはりこのブログはとても役立っています。


◆4500人 [2015/07/12]

まず、感想というよりも、500人に達したくらいから、もう5000人も必要ないや…。と思いました。一応、記録としてやってみたかったというのがあります。

最近フォローが一気に増えてちょっとびっくりです。何があったのかしら…。YouTube動画を公開して、自分の存在をオープンにしたことや、米国での歴史的なあのイベントもあってか、私のフェイスブックの写真の色がレインボーに変わったこともあってか、そういうのが重なったからでしょうか?ちょっといまだに不明です…。



私はフェイスブックの友達を増やそうと頑張ってきました。今回は、仕事をしていなかった期間と重なったこともあり、10日間で500人とフェイスブック上で友達になることができました。今後は、記事づくりに専念していこうと思います。

ちなみに、こんなに大勢の方たちと、フェイスブックやグーグル+でコメントのやりとりをしてると、なんだか不思議な気分ですね。


では、私はフェイスブックの友達を40日間で3000人にするために、何をしたのか?
もともと、私はたくさんの人と交流するのは好きではなかったのですが、本当に自分がやりたいことは何かということについて数年間考えていたのですが、やはり私が好きでやっていて楽しい外国語を勉強しつつ、それらの情報を自分でも勉強しながら発信していくことを考えたら、ブログを作ることは一番、合理的でした。そして、フェイスブックでもこの際、たくさんの人と交流して、今まで仕事を変えることや、さまざま行事の交流会に参加することでしか得られなかった知り合いなどを、どんどん作っていこうと思ったのです。

私がやったことは以下だけです。
自分のブログを宣伝するテンプレを作成して、フェイスブックのさまざまなグループに投稿
これをすることによって、私に興味を持った人がたくさん友達申請してきました。そして、その友達の友達へと伝わっていったのです。とてもシンプルです。


今年は、フェイスブックを通して、価値観の合う人たちとの繋がりの発見

2015/11/01

この写真は2週間前ほどに撮影しました。横浜の 大さん橋から、みなとみらいの高層ビル群がみえます。 大さん橋は橋というより豪華客船のような形をした横浜港大さん橋国際客船ターミナルです。

「理由、季節、そして一生 "Reason, Season, Lifetime"」

私たちは人生という旅をしていると思います。太陽の周りを地球が何度も回り続け、その宇宙船とか、豪華客船に喩えられる地球の上で、さまざまな人たちと知り合い、別れ、そしてまた出会う。

この繰り返しが人生。

地球が何回、回ったら、と考える時間も少なくなりました。

私はやはり、自分の好きなことがしたいです。好きな語学を勉強し続けることや、異文化の理解に努めること、原点に戻るように心がけることなど、

そのためにはそのような環境を探さなければならないし、生きていくために必要な特技を磨かなければならないです。

今年の春、本格的に始めたフェイスブック。私は職場や、英会話交流などに行っても同じような価値観の人たちにはなかなか出会えません。そして話も長続きしませんが、フェイスブックで何カ月も交流が続いている方々とお話する時間がとても心地よく、自分自身も正直な気持ちになれます。

もともと私はフェイスブックが好きではありませんでした。なので、始めたのも今年になってやっとです。ずっと触っていませんでしたし関心がありませんでした。会社の人に見られたくもなかったし、時間の無駄だと思っていたからです。

ですが、フェイスブックを使うことについて価値観の近い人たちやお互いに関心を持ちあえる関係。これは時間の無駄ではなく、有意義な時間の使い方だと思っています。

実際にフェイスブックの使い過ぎは問題ですが、私はこの半年自分の身の回りの環境を変えることができて、満足しています。

こんな記事もオススメです。
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」

「マルチリンガールの疑問、提案、オピニオン」に戻る

0 件のコメント: