2015/07/30

タクシーで行く。/英語で話す。/ペンで書く。/包丁で切る。

①ペン書く
②包丁切る
➂英語話す
④タクシー行く

これらを英訳できますか?

できた方は会話力が高いと言えます。

日本語での”で”は英語に直すと、ずいぶん変わってしまいます。そのため、これらをうまく使いこなせない人が多いのが事実です。英検1級所持者や、帰国子女など日常会話を把握している人たちはこういうのは得意なのですが、あまりTOEICなどの選択式な英語のテストでは重要視されていない部分でもあるため、うまく使いこなせている人が少ないのが現状です。

ペン(筆記用具)などは二つ使えます。
①in pen (in ink) / in pencil  →書いて消せないペンなのか、書いても消せる鉛筆なのかという違いを強調するための "in" つまり、 "a" も必要ありません。1つのペンというのではなく、どっちの種類の形式で書くのかという事を強調しています。

In a form of = ~の形式で。

②with a pen / with a pencil →~と一緒にということからもわかるように物理的に持っているようなイメージ。ペンか鉛筆かの違いではなく、ペンや鉛筆そのものを強くイメージさせる感じです。

より詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
「with a pen / in pen / by pen の明確な違い」

ちなみに、みなさん間違えがちなのがフライパンなどの鍋類。
I cooked eggs by a frying pan. としてしまいがちですが、フライパンや鍋類は丸くなっているので、"in"が正解です。

I cooked meal in a frying pan.

ちなみに日本語化したフライパンではなく、フラインパンですね。 "in" なのは、手段として考えているのではなく、フライパンの中で焼くというように考えているからです。
"in Japanese" も、日本語という言語の中で話すという事です。なので、

We should talk by Japanese. としてはダメです…。
We should talk in Japanese. が正解です。この意味は、私たちは日本語で話すべき。フランス人のように、日本に来る外国人さんにも、日本では日本語を使いなさい!なんて言ってみたいものですね…。(冗談)
(For your reference)


with scissors = はさみで
with chopsticks = 箸で
with a kitchen knife  = 包丁で

こちらは乗り物なども物理的なものではなく、手段として "by" が使われています。
by email = メールで
by letter = 手紙で
by bicycle = 自転車で
by tax = タクシーで
by train = 電車で

これでスッキリしましたか?こういうのが日常会話の範囲ですね。こういうのがうまく言えると、英会話のレベルが高いように思われます。

「マルチリンガール♪と一緒に英文法を学習しましょう★」に戻る

0 件のコメント: