2015/08/16

ドン・キホーテ山下公園店で韓国ラーメンのノグリとチャンポンに再会…

もし中退していなかったら、私は大学3年生が終了した頃。なんて、今頃気づきました。私はこんな風に今まで考えませんでした。なぜなら、もし。なんていう言葉は私の辞書にないからです。

なので、 "I would have if I had" のような英文も私の頭からはいつもでてきません。そんな思考がないからです。それなら未来は何をやるのかっていつも考えてしまいます。

(チャンポンとノグリラーメン)

山下公園の近くのドン・キホーテで発見…。このラーメンにはいくつもの思い出があります。日本で売られているのでカタカナでも書かれていますね。

私はこのラーメンで韓国の生活をしのいでいたので…。そうです。考試院(コシウォン)にあるご飯と一緒に食べながら韓国の生活をしのいでいたんです。炭水化物ばかりの日々でした…。懐かしいです。韓国人の友達と夜遊んだりするときも、これを食べたり…。山下公園の近くにあるドン・キホーテでこのラーメンを発見してしまったとき、思わず手が伸びてしまいました…。

韓国のラーメンといえば、辛ラーメンが有名ですが、ノグリはあまり知られていないと思います。(おそらく・・・)辛ラーメンの場合は動物性のものが入っているので私は食べられません。これらは入っていないので、かろうじて食べることができました。

"I could barely eat them!!!" = かろうじて…。

韓国に住んでいたのは約2年間。やはり自分の国のように思ってしまいます。日本より小さい国だからなおさら。北海道に帰った時感じる北海道という1つの国。そして韓国に行くたびにいつも思う、ここは自分の国?不思議な感覚です。私の28年間の歴史の中の2年間は韓国にいたのですから。

私は韓国にいた頃、あの国から絶対に出たくないと思いました。なぜでしょう?
日本人で英語ができるというだけで、ちやほやされ、すぐに友達ができるし、大好きな私の英語もいつも使える。しかも食事は合う、北海道にも簡単に帰れる距離、気候が合う、人々の性格が合うなど…。

でも、休学してまで日本に帰ってきたのはやはり、社会人経験を積んで将来仕事が見つからないような状況を作りたくなかったし、もっと自分でお金をためてローンなしで大学に通いたかったからです。なので、まさに今私は本当に、本気を出さなければならない時期です。私の人生の達成リストには大学卒業もありますが、30代からでも行く気はあります。
「」

以前、皇居の近くで英会話カフェを主催しているカリフォルニア出身の60代の男性は、30歳後半からでも大学に行っても問題ないと、私を励ましてくれました。彼が私に言った時の目は本当でした。大学を卒業するという夢、これはどうなるのかわかりませんが、今後動向を見ていくしかないです…。

私はまだまだ頑張り続けます。

「マルチリンガールのブログ♪(日誌)」に戻る

0 件のコメント: