2015/08/22

ミッドアトランティック英語?大富豪デイビット・ロックフェラーの英語を研究

私はこの動画を3年前に一度しかみていませんが、彼のアクセントはいまだなお頭に残っています。やはり興味のある人のモノは頭の中に残り続けるのですね。

その動画は、あるキーワードが入っているため、このブログには掲載できませんが最新の動画を用いて、ちょっとデイビット・ロックフェラーさんの英語を研究していきたいと思います。(笑)

そのあるキーワドとは私の口からは言えませんのでこのブログでは割愛…。


それにしても、100歳だなんて本当に素晴らしい。世界の富の頂点とも言われるロックフェラー。
その歴史はとても長いです。私は説明できるほど知識がないので、こちらをご参照ください。
(For your reference)

あの "NBC NEWS"がある "Rockefeller Center" は、まさにそのデイビッド・ロックフェラーの祖先が築き上げたものです。

ところで、私が彼の英語を聴いてちょっと印象に残っているのが、そのイントネーションです。とてもはっきり話しているし、なんだか若い人たちが話す英語?とは違うような気がしました。なので、アメリカ人の友達のアンドラに聞いてみたのです。

そして、あることがわかりました。今でもあると思われますが、戦前まではアメリカの教育で一部の人たちは、Received Pronunciation を学んでいたようなのです。

小さいころから、どちらのアクセントも勉強させられる?らしいのです。それはエリートの人たちが多かったとか…。私はアンドラになぜ、デイビット・ロックフェラーの英語はちょっとクセがあるの?アメリカ人からみても、これは普通の米国のアクセントに聞こえる?と質問したのです。



これが私の友達、アンドラがくれたメッセージ。
There are a few reasons why this is. First of all, he was born in 1915 into a wealthy family in the Northeast. During the first half of the 20th century. Pronunciation of some words were a little closer to some British accents back then. As a matter of fact you have something called the Mid-Atlantic accent that was kind of popular at that time. This was taught in schools of the American Upper Class. You can hear in old American black and white movies of the time. So he speaks a little bit like that.
(For your reference)

ということでわかったのが、"Mid-Atlantic English" というものが存在しているということです。これで、なんとかスッキリしました…。このように、富を築き上げた人の英語を生で聴けるのは、本当に有意義です。ポップスターとかの英語を聴くのもいいけど、実業家の英語はやはり心に残りますね!

今後も、ミッドアトランティック英語に興味を持ちそうな私でした!

こんな記事もオススメです。
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」

0 件のコメント: