新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

ドイツ語の国際音声記号を考察



こちらのページでは、ドイツ語の音声学に関してはこのページを参考にしています。

(For your reference)

【ʏ】
http://www.collinsdictionary.com/dictionary/german-english/sch%C3%BCtzen
この発音が認識されたので大丈夫だと思う…。
ウーの発音に近いです。

y
https://en.wikipedia.org/wiki/Close_front_rounded_vowel
これは中国語を話すとき、唯一なかなか認識してくれない、"lv" の発音です。単独だと簡単に発音されるのですが・・・。"nv" とかも難しいのです・・・。女子、旅行。これらの発音は私にとって中国で発音するときにとても難しいです。


ø
これは、フランス語とドイツ語、そして朝鮮語にもみられます。"外国人って朝鮮語で言うときに、ウェと言いますが、それは現代の発音で、本来は、この発音記号と同じ "ø" の発音でした。ということを思い出しながら、私はこの発音記号を覚えようと思います。これを習得することによって、とても難しいと言われているフランス語の発音も整理できてくるはず。

œ
す。フランス語にも存在するこの音。エのような音なんだけれども、丸い口の形でやるみたいです。 中国語では、月/yuè [ɥœ] と同じようなのですが、どうかんがえても、中国語におけるユエのエのような音はしていない。

フランス語でもそうですが、ドイツ語でも、この記号は、ウというよりも、アに聞こえる場合が多いです。

「フランス語の発音で難しい母音、ø / œ の違いをドイツ語も勉強した私が解説」


p͡f / t͡s / t͡ʃ

これらは音を出さない発音です。フ・ツ・チなどの音を息を出すだけで出すような音。
ç
なんじゃこの記号?と思っていたら、意外に、日本語の、ヒト [çi̥to̞] と同じ発音でした。(^^;)


(ドイツには高い山がないけど、ドイツ語圏のオーストリアやスイスには美しい山がたくさんありますね!)

問題はドイツ語のR!
英語には1つしかないアールの発音、そしてスペイン語には、2つしかなかったアールの発音。しかし、ドイツ語にはアールの発音が4つもあります。ここは押さえておかなければならないポイントです。

【r】 歯茎ふるえ音 (For your reference)

【ʁ】 有声口蓋垂摩擦音 (For your reference)

【ʀ】 口蓋垂ふるえ音 (For your reference)

【χ】 無声口蓋垂摩擦音 (For your reference)

ここで感じたのが、ドイツ語は喉の入り口にあるブドウあたりの方から出す音が多いという事です。

Rの発音に関しては今後も整理していこうと思いますので、記事の修正をする場合があります。時間をかけて吸収していこうと思っています…。

こんな記事もオススメです。
「国際音声記号 (IPA) を覚えると、英語やフランス語、どんな言語の発音も簡単になる!」
「世界では常識?日常英会話の90%以上は、OXFORD 3000単語だけで十分な理由」
「20歳から英語の勉強を10年間も続けている理由と、そのメリット」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」

ドイツ語の国際音声記号を考察 ドイツ語の国際音声記号を考察 Reviewed by よこいりょうこ on 9月 01, 2015 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.