新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

札幌よりも上?瀋陽がアジア北部で、最大の都会である理由




札幌を超えるような大都会が、アジアの北方エリアに存在することをご存知でしょうか?

私は北海道出身です。そして、よく札幌人に言われたことがあります。札幌は大都会。しかも、アジアで一番北に位置する大都会。そして、北海道にいるとき、私もそう信じていました。札幌ナンバーは日本一カッコイイとか、札幌人はモテるとか、いかにも北海道人らしい発想で…。

北海道に住んでいると、北海道が生活の中心になるので、東京に住んでいるときと色々な見方が変わっていくのを私は何度も体験しています。

ちなみに、この記事の焦点は札幌ではなく、瀋陽という北朝鮮北部に位置する大都会についてのものです。



アジアは広い…。実にすべてのアジアを含めると、中東まで含むのだから…。でも、たいていアジアと言うと、東アジアを表すことが多かったりする。
たまに日本はアジアではないと言う人もいますが…。かつての私がそうでした。カナダに住んでいた時、カナダ人にアジアから来たの?と言われたり、アジアンと言われて、イラっとしていた私。日本人はアジア人じゃないとカナダにいる白人に説明したこともあった。だけど、やっぱりアジアン…。中国にいるときは、中国人に日本人も中国人も同じアジア人だよ?って言われてイラっとしたこともありました…。(笑)

ところで、瀋陽ってあまり表に出てこない名前ですが、中国の北部で一番大きい都市です。そして、そんな瀋陽の都市圏はソウルに少し似ています。瀋陽の中心部にはソウルでいう漢江のような河が東西に流れていて、その南部には大規模な開発がされています。まさに、ソウルに似た構造の大都市と私は思っています。




(このようなビデオを作る余裕もあるのですね…。)

ですが、このビデオを見ると、瀋陽がどんな大都市なのかすぐにわかります。多くの人たちは中国の北部にこんな大都市が存在するという事を知らないので、見ると結構ビックリします。

かつては日本だったこともあるこの都市。現在も進化中です。

この瀋陽は中国の東北3省地区の中心部です。そして、この東北3省という北朝鮮に近い位置にあるエリアは地理的に北京や上海などの地区から離れていて、いわば1つの国家的な存在です。そのため、多くの中国人はこのエリアに住む人たちを東北人と呼びます。

東北人は背が高い。東北人は美人が多い、東北人は白い、とか、東北人は言葉が汚い、面倒見がいい、中国でも東北人はとても大人気です。お笑い芸人などが育ったりもします。

私が知り限り、多くの中国人がこのエリアに住む東北人を少し特別扱いしているという気がします。

そして、マルチリンガール調査で明らかになった、この3省から構成される東北エリアの人口は、

吉林省=2709万人
遼寧省=4374万人
黒竜江省=3817万人

ざっと計算すると、1億2千万人です。上の計算と、おそらく人口に数えられていない多くの人を入れたとしても、日本と同じ人口くらいということになります。その地区の中心が瀋陽です。

なので、私の頭の中では、朝鮮半島(韓国+北朝鮮)の向こうに、満州(東北三省)があり、その向こうに北京を中心とする中国があるというイメージです…。

中国政府がどのように考えているかはわかりませんが、この瀋陽という大都市は私が地理的な面から考える限り、今後更に重要な場所になると考えます。

北京から高速鉄道で簡単に行けるようになったのと、北朝鮮や極東ロシア地区、韓国などに囲まれているため、より魅力的な立地です。北はロシア、東南は朝鮮半島、西南は北京を中心とする中国。面白い地区ですよね!

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


札幌よりも上?瀋陽がアジア北部で、最大の都会である理由 札幌よりも上?瀋陽がアジア北部で、最大の都会である理由 Reviewed by よこいりょうこ on 9月 04, 2015 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.