2015/09/16

揺れるを表す swing / sway 意味の違いと語源

揺れる、とか、揺らす
などの意味を表す単語。多くの方たちは、"shake" という単語が頭にとっさに浮かんでくると思います。それは、当然であり "shake" がもっとも使われているからなので、自然と言えます。日本語の揺れるとか揺らすとシェイクはほとんど完全に一致するからです。

Shake the bottle well before use.
ペットボトルで抹茶とか飲むと、振ってから飲みますよね?そういうときにシェイクを使ったりします。

She shook her head in disbelief.
NOを言うときには、頭を横に振ります。

このように、シェイクのイメージはすぐにつくと思います。なので、このページでは割愛します。

ですが、もうちょっと揺れるを意味する表現力を伸ばしたい場合、以下が参考になるかもしれません。

①swing (OXFORD3000単語)
この単語聞いたことがありますか。もちろん、OXFORD3000単語です。スウィング。おそらくどこかで聞いたことがあると思います。公園などをウォーキングするとき、つまり普段歩いているとき、意識をしていなければ、両腕は前後にブラブラ動きますよね?たとえば、ブランコのように…。

His arms swung as he walked.
彼の両腕は歩くと同時に前後にスウィングしていた。

ちょっと変な日本語ですが、私はいつも会社に向かうとき、品川駅あたりで、まるでパリコレに参加したかのように歩いています…。(笑)

(ランウェイを歩くモデルたち。映像ではないとわかりづらいですが両腕をブラブラ前後に揺らしています)

ちなみに、パリコレって日本語だってご存知でしたか?(笑)
英語では、 "Paris fashion week" と言います。年に二回あるそうです。

これがスウィングするということですが、おそらく日本語でも使用されているはず。テレビを全くみない私は普段、日本人の方がどんな外来語を使っているのか想像もつきませんが…。

まず、ブランコは英語でスウィングと言います。(For your reference)

ブランコを想像してもわかるように、前後に行ったり来たりします。ただそのようなイメージを持てばいいだけです。ブランコが前後に行ったり来たりすると、お皿のようなカーブができるのがわかりますか?

私が最近習得したアラビア文字に、よくわかりやすい文字があります。

ن

真ん中にあるこの点は不要ですが、このように下のにある皿のように、ブランコは前後に行きながら下がったり上がったりしますよね?

この形がカーブなので、たとえば曲線に沿って進むのような意味にも使えるのです!!

ちなみにこの表現はOXFORD3000単語の鍵マークがついていたので、常識のようですね。(笑)
A line of cars swung out of the palace gates.

たくさんの車が宮門をでるために、カーブを描くように、進んでいた。

つまり、この単語は、"move in curve" という意味と同じ意味で使用することができます。
(For your reference)

②sway

朝の太陽が昇る時間帯。それもまだ外が薄暗いとき、大きな木が風に揺られているところを見るのって贅沢ですよね。私はそういう時間帯に木を見るのが好きです。いつも思うのですが、気がスウェイしていると、私に向かって挨拶をしてくれているように感じるんです。

一番、木の存在を強く感じたのは私がカナダのトロントに滞在していた時でした。トロントはとにかくどこにでも木が植えてあって、私の住んでいたヴィクトリアパーク駅の近くの公園は、楽園でした。夕暮れ時にベンチに寝っ転がって、太陽が沈むのを見ていたものです。しかも、そのとき私は木と一緒にゆったりとした時間を過ごしていました。
「トロントという多民族都市で過ごした2カ月」

木ほど感動するものはないと思います。木に近寄って、スウェイしている木と一緒に風を感じて、夜の10時くらいまで続く夏の昼間をまた楽しみたいです。

ダンスクラブなどに行って、音楽に合わせるように、腰などをゆっくり動かした経験はありますか?そういうときにも、このゆっくり動く的な意味のスウェイが使えます。

They danced rhythmically, swaying their hips to the music.
彼らは、ヒップを音楽に乗せながらゆっくり動かし、リズミカルに踊った。

ちなみに、スウェイという単語のイメージを完全に頭の中に入れたいのでしたら、2011年3月のあのときの映像をご覧ください。多くの外国人滞在者があの当時、ビデオを撮影していて、YouTubeでも英語で検索すると、たくさんビルが揺れている動画を見つけることができます。

 
(私はこの動画でいっきに頭の中にスウェイという単語が定着しました)

中学生の時に、EXILEYour eyes only~曖昧なぼくの輪郭 という曲が好きだったので、スウェイという単語は知っていたのですが、あまり使う事もなく、しかも OXFORD3000単語でもなかったので、私はほとんど使っていませんでした。そして、このように今回、Swing と比較してみることで、完全に頭に定着したように思います。

両者の①②の英単語は、感情面でも使うことができます。

たとえば、彼はすぐに影響される。つまり、動かされるということを言いたいのであれば、②の単語を使用して、このように例文を作ることができます。
She wasn't swayed by his good looks or his clever talk.
彼女は彼の見た目は彼の知的なトークに動かされることはなかった。(まどわされなかった)

また、気持ちが揺れ動くというような意味を作りたいのであれば、①の単語を使ってこのような例文を作ることもできます。
His emotions swung between fear and curiosity.
彼の感情は、恐れと好奇心の間を揺れ動く。

"swing" の過去形は、 "swung" です。なかなか使わないので、この形を忘れてしまう方も多いようです。でも、この表現を覚えれば、結構使えるのではないでしょうか。

このようなイメージを表して作るような英文は、日本語には完全直訳できませんが、英語で表現豊かに話すために、このようなイメージを頭に入れていくことで、表現力を豊かにすることができます。

そのほかにも揺れるような意味はいくつかあるのですが、あまり出てこない単語なので、OXFORD3000単語を中心に覚えていくことをおすすめします。

以下の単語については私が時間のあるときに、ちょっとずつ解釈していきたいと思います!
quake
vibrate
rattle
tremble
rock
toss
waver
wobble

こんな記事もオススメです。
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」


0 件のコメント: