2015/10/19

多くの日本人が白人にコンプレックスを抱く本当の理由

私はかつて英語を聴いたり、アメリカやヨーロッパなどのコーカソイド系の人たちが近くにいると、劣等感をというか、威圧感を感じていました。なぜ?それは、あの頃の私にはわかりませんでした。

背が高いから?体格が大きいから?英語を話す声の音量が日本語と微妙に違うから?


おそらく、クリスマスを楽しみにしていた幼児期や、フランスなどのヨーロッパのブランドに憧れた高校時代、英語がわからなかったあの頃、欧米に対するすべてが、凄いとしか思っていなかったのでしょう。そして、何よりも強く自覚しているのが、英語です。

ちょっと思い浮かべてみてください。もし、ヨーロッパ系の人たちが相手の話を聴くことを優先するような態度で、しかも日本語で静かに話をしていたら…。おそらく、大声でリズミカルな英語を話して自分の主張だけを言いたがるような態度の欧米人の印象とは全く違うはずです。

欧米人=白人ではありませんが、この記事では欧米の多数派である白人について書いています。

誰でも年齢を重ねると、色々なことが客観的に見られるようになり、昔抱いてたような劣等コンプレックスを感じなくなるかもしれませんが、コンプレックスが消えない人もいます。知識としては彼ら白人は私たちと同じ普通の人間だという事をわかっていたとしても…。

そもそも人間に凄い、や凄くないはありません。私がなぜこんな記事を書いているのか?その目的は人と人とを比べることではもちろんないですし…。

ですが、この記事を読むことによって白人の前で堂々と自分なりのやり方で英語が話せるようになってほしいと願っています。

韓国人は東南アジア人を見下しています。その感覚と似ているのかな?

「なぜ、韓国人は東南アジア人や黒人を見下すのか」

韓国で大学留学をしていたときに感じた、韓国人が他の国の人たち(特に東南アジアやアフリカ・中東系、アメリカ系の黒人さえも)を見下す人たち。

また日本に住んでいる一部の日本人が他国を見下したり、見下しているつもりだけれども、実際にコーカソイド系(ヨーロッパ系の人たち)の人たちと会ったら、緊張してコンプレックスを抱えたりする。

私はなぜこの複雑なコンプレックスのようなものが多数の日本人の中に存在するのか突き止めたくなったのです。

一概にはいませんが、その一つに英語があると思うのです。

日本語圏で生活している私たちと英語圏で生活している多数派は全然、行動範囲が違います。

私たちはいつも日本列島を頭で思い描き、台風が来たとか、中国から大気汚染がきたとか、そんな在り来たりな地図しか描けないのに対して、

たとえばフランス人は、オーストラリアの上にあるニューカレドニアからマダガスカル、アフリカ大陸の大部分、さらにカナダの東部にある地域まで自分の母国語範囲なので、別にフランスで仕事がなくなったとしても、あっちの国に行けばいいやというような自由な気持ちが生まれると思います。

つまり、就職したらその会社から離れられなくなる多くの日本人とは違いフランス人の方が発想が自由でいられると思うんです。なぜなら彼らが操る言語であるフランス語は世界中で使われているからです。

「2050年には約6億人のアフリカ人がフランス語を話している」

(複雑な歴史から、多くのアフリカ人がフランス語を話すのも事実です)

一方、日本語しか話せないと、基本的に日本列島にしか行動範囲がないため、心まで自由になれない傾向があります。(お金持ちや通訳を雇える人は別)

もちろん誰でも旅行で海外に行ったりすることは可能でしょう。お金があればどこの国に行って、つたない英語で話すことも可能です。ですが、現地の人たちとの本当の信頼は、お金では買えないですし、簡単なジェスチャーや限られた言葉だけでは難しいのが現実だと思っています。(もちろん一概には言えません)

私は英語が自分の納得のできるレベルに達した時、以前白人に感じた違和感や、アメリカに住んでいるアジア系で英語が上手な人に、そのような感情を抱かなくなりました。そのような感情とはつまり劣等感です。

もちろんこれは私だけが感じている独特な感情かもしれませんが、今まで日本にいるときに外国人に話しかけられたらどうしよう?英語で返さなくちゃいけないんだよね?みたいな、そういう恐れもなくなったのです。英語を覚えるメリットは、ただ就職活動に有利とかという前に、他の国々に関心を持ちつつ、色々なことを吸収できる基盤でもあると思います。

で、多くの日本人が白人にコンプレックスを抱く本当の理由は何なの!?

結論から言うと、英語で議論して論破できるレベルになると、もう何も英語話者に威圧感を感じなくなると私は思っています。もちろん、語学にかかわらず何かの分野を極めた人には関係ない話ではありますが、少しでも英語やフランス語を知ろうという気持ちになっていただけたらいいと思います。

また多くの日本人が白人にコンプレックスを抱く理由として、身体の大きさや、髪の毛の色、瞳の色などももちろん関係しているかもしれません。男性なら、オランダ人やドイツ人のような身長の高い男性に劣等感を感じたりするのも事実でしょう。また女性ならスウェーデンに住んでいるような金髪の女性に憧れたりもするかもしれません。ですが、これは多くの日本人が白人にコンプレックスを抱く大きな理由ではないと私は思っています。なぜなら、国際パーティーなどでやはり一部の日本人は同じ顔をしたアジア系のアメリカ人と英語で話すとき、やはり何か彼らに劣等感を感じているように見えるからです。

なので、英語の能力が原因なのではないか?と思っています。

私は多言語話者のマルチリンガールとして、この記事で語学をオススメしているということをご理解ください。

フェイスブックのお友達からたくさんのコメントを頂きました。ご参考に匿名で掲載させていただきます。色々な方の意見が以下からもわかるかと思います!

Nagata さん
悲しいかな、日本人に植え付けられてしまった「先入観」「偏見」なのだろうと思います。後付けの理由はあるかも知れないけれど、実際には、なんとなく感じている、根拠の無いイメージがほとんどなのではないでしょうか。
割合そんな偏見は小さいだろうと思っていた自分でも、海外で暮らしてみて、やはりそんな色眼鏡で見ている自分を自覚します。それを払拭するのはなかなか難しいですが、自分には偏見があるのだ、ということを意識していると、実像に近づくことは出来そうに思います。

はっきりとした理由があるならば、その理由が解決すれば、コンプレックスは無くなるのか、といえば、多分そうではないかも。だとすれば、その理由なんて、後付けです。
小さな子は、相手がどんな姿であれ、フェアに応じますが、年齢が進んで、まわりの文化によって修飾され始めると、偏見が固まってくるのかな、と思います。
一部の白人による有色人種の蔑視も、逆の同じパターンなのだろうと思います。


Asano さん
緊張感と対等に話せないストレス


Ito さん
C'était super..C'était très bon !  Merci!

Matsumoto さん
「脱亜入欧」の思想や、ギリシャ彫刻を美の基準とする教育もあるのではないでしょうか?

Saito さん
以前は上手く物が言えないことでストレスが半端なかったですが、これを克服した暁には、コンプレックスは消えますね。

Nakatsu さん
話せなかった時に海外にいて突然、前頭部付近に白髪が増えた!!
ストレスだったに違いない。


カナダ人の彼氏といる時や海外から友達が来て英語で話していると日本人はなぜか席を譲ってくれたり、道をあけてくれる。外国人に優しい国でもあり、英語能力、見た目の劣等感からくるような気がします....あくまでも個人的意見です


Takahashi さん
ご指摘の劣等感を抱きやすい、というところ、大いにあると思いました。自己肯定感、効力感を持つようにと育っていないひとが多く、苦手克服に時間を費やし、得意なところを伸ばすまでに至っていないかなぁ、(;^_^Aヒヤリと感じます。英語がうまく喋れなくても、何かしら誇りに思うものがあると、結構堂々喋ろうとする方もあります。あ、身ぶり手振りを使うことに、そう抵抗がないかどうか、も、要素にあるかもしれません。

Momo さん
 最近、google翻訳使って、ネットの英語を読むことが増えたら、先日駅のホームで新幹線の列車待ちで困った顔してるお年寄り外国人のご夫婦に、さりげなく話しかけられる自分を発見!

話しかけたら、列車を確認できて感謝され、さらに相手は日本語も話せたドイツ人で、日本語と英語で会話できました。


Saito さん
チェスの得意なイギリス人に将棋を教えて「世界最高の頭脳スポーツはShogiである」と拙い英語で言いました。
彼は、それから弟子です♬(笑)。
今は「Shogi English with Beer」と言う会をやってます。

Chris さん
戦争に負けたからですよ。

Akiyoshi さん
よく外国人を東京案内するのですが、一緒にいるだけで日本人がたくさんよってきて親切にしてくるので、本当に驚きます。先日はヨーロッパ美人を連れて行くと今まで無愛想だった店の主人が、ものすごく愛想良く話しかけてくるのでびっくりしました。

Nakatsukasa さん
外国の方の背中が好きです💖シャンとしてて反りぎみなのが…笑笑
人種や性別を問わず、「忙しい。」に対ししつこいメッセージが多いのは困ります。「少し控えてよ!」っていう英語が出てこなくて。・°°・(>_<)・°°・。

Otani さん
ハーフだからって、英語話せて当たり前でしょ?みたいに思われるのもやだ。

Takahashi さん
他の国の人は、何も思わないのかなぁ・・・と思ったりしました。白人にコンプレックスを抱くのは日本人だけなのか、または、白人は他の国の人にはコンプレックスを抱いていないのか・・・なども気になりました。でも、そういうのはどうやって調べたらいいんですかね?中国の大陸、香港、台湾、ソウルで出会ったことのある人で英語が話せない人は大抵白人にコンプレックス・・・というか、「英語は話せたらいいのはわかるんだけどねぇ」と苦手意識を持っていました。反対に、英語が話せる友達たちは、プライベートでも、英語を話す人たちと気軽に遊んだり、付き合ったりしています。

Saito さん
個人的には、昔から英語でよく道を聞かれ、英語で答えられなかったので、you have to ask in Japanese. と言い返してい
ました。

Nitta さん
中学生の時は「英語」の成績は芳しくありませんでしたが、高校に入り担任が英語の教師だった事も、中学時代の先生がいかに難しかった事も分かり、高校では簡単に感じられ85点以下は取った事無かったです。大学に進学して友人に誘われボランティアの国際交流の会に入り19歳の時にチェコスロバキアの代表団をエスコートすることになりました(国内を約2週間)、通訳は居ましたが(日本側が英語から日本語、チェコ側はチェコ語から英語)、エスコートするのにいちいち通訳を呼んでいるわけにもいかず、ブロークンながら彼らと直接英語で話さざるを得ない状況になり(彼らの英語もブロークン?)話す機会が在ったのがいまでも良かったと思います、翌年彼らに誘われ40日間海外初一人旅の敢行をしてその間一切日本語も話さず、英語で話せる機会が在った事がほっとしたくらいです。思えばブロークンながら英語になじんでもう42年、外人と話す事は英語の勉強になりさえすれ苦痛になる事は無かったでした。まだまだよこいさんのようにマルチリンガルでは無いですが(英語さえまだまだですが)、やはり言葉のコミュニケーションが出来ると世界が変わります。英語のほかには一応簡単なチェコ語、スロバキア語も知ってます。

Ihara さん
良い体験というか…
私は、外国人と話をすると日本の色々な縛りや日本から自分が切り離された感じや、他の日本人とは違うねん的な錯覚を覚えるのを感じます。
なんか自由になった気持ちになれますね笑


コンプレックスとしては、やはり米兵と接すれば、体格の差が全く違いました。戦時中に日本軍のほとんどが餓死していく中、米兵はコーラを飲みながら戦闘していたという話を聞いて、あー、違うなこれは(笑)、勝てないなと感じましたね笑


Kanai さん
言語じゃなくて, 身体的特徴から来てると思います。言語はその後だと僕は思います。 見た目が先でしょうね。

Sugiyama さん
ほとんど共感できますが「日本人は。。。」のところを「多くの日本人は。。。」と言っていただくとなお良いかなと思います。欧米で仕事をしていると彼らの論理性に学ぶことが多くあります。会議もディベートになる事が多いです。ビジネスではこちらも精一杯論理的になりますが私生活では角が立ちます。これは歴史や文化や教育などの違いからきているような気がします。どちらがいいか悪いかではなく国の背景が違うと理解しています。日本人は白人に劣等感があるというのはあまりぴんときません。同じ人間ですから

Matsueda さん
18まで白人を生で見たことありませんでした……30年以上昔の話ですが(笑)
未知との遭遇が、遅すぎるんだな
色形が違うし、デカイ(大概)し、構える=こいつら、強そう!=劣等感……だったような気がする

今は、全くないですけど(笑)


こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」
「外見的なコンプレックスと、人間関係の複雑さ」

2016年05月08日更新

2 件のコメント:

pasadena さんのコメント...

お久しぶり、そうですね英語が話せることもしかり、そしてどんな分野でもプロ級の技術、知識等がありその分野の英語社会に入っても人後に落ちないと思います、たとえ英語が話せなくとも
でもたいていの意思の疎通は出来るし、相手から交際を求められることもしばしば、いつも楽しく拝読してます。
石田

よこいりょうこ さんのコメント...

とても素敵な意見なので、記事の中に少し織り交ぜさせていただきました^^