2015/10/22

プリーズ "please" の本当の意味

よく英英辞書の解説をみると、pleasant という単語が頻出します。しかも、pleasantly cool とかで、ヒンヤリするという、寒くも涼しくもない微妙な表現を表すこともできます。

これらは、 "please" から来ています。

そもそも "please" といえば、お願いします。という意味が先に頭に思い浮かんでいませんか?

これは、 "please" = 受け入れる。という考え方ですべてが通ります。

(この写真はプリーズとは全く関係ありません。私の趣味です...)

お願いします。=受け入れてください。

喜ぶを表す、 "please" の場合
She was very pleased with her exam results.
彼女は試験の結果にとても喜んだ。
彼女にとってとても受け入れられる結果だった=喜ぶ

"delight" は、それ以上に喜ぶというニュアンスがあり、"please""delight" どっちを使ったらいいの?と思ったら、この知識はとても重要になります。

"delight" は、"light" 明るいという意味のライトが語源ではなく、 delicate, delicious の 女性の手のようにきめ細かいというようなニュアンスです。私はずっとこの語源が明るい方のライトだと思っていましたが…。

つまり、女性の手というところからもわかると思いますが、人を誘惑する、ひきつけるというニュアンスが入っています。おいしいを表す "delicious" もそのようなイメージから派生しています。
なので、かなり強い喜びに繋がるのです。一方、 "please"  は受け入れるだけなので、 very をつけない限り、そんなに喜んでいるようには感じられません。そしてフォーマルな響きになります。

(なぜか私の中では please という単語のイメージ色がピンクなのです…。みなさんは?)

My pleasure. = どういたしまして。
これも、私が受け入れたこと。みたいな感じで、受け入れ=ウェルカムを表しています。

ビジネス?それとも私用?
Are you in Paris on business or pleasure?
パリにはビジネスで?それともプライベートで?こんな時にも使えます。

Chocolate is one of life's little pleasures.
チョコレートは人生での1つの小さな楽しみ(快楽)
これも、受け入れられること=ウェルカム(歓迎)=楽しみです。

ちなみに少し話は外れてしまいますが、ある行為をしているとき、気持ちいい!と言いたいとき、"comfortable" と言います。ちなみに、"pleasurable" という単語もありますが、このような使い方はしません。



一方、そういう行為をある意味、快楽と言いますが、この場合は、"pleasure" とも言います。

語源の感覚をつかむことも大事なのですが、すべては語源通りにはいかないこともあるので、その場面で覚えていくというのもやはり重要ですね。

"comfortable" に似ている単語として、 "cozy" がありますが、これは、コジンマリとして居心地の良い部屋という意味が基本です。ほかにも使い方はありますが…。

最後に・・
ビートルズの曲で、"Please please me" という曲があるのをご存知ですか?あれは、
お願い/どうか、私を喜ばせて。という意味です。これで、覚えてもらえればきっと色々な場面で、please 系統の単語のニュアンスがつかめるようになると思います。

こんな記事もオススメです。
「鉄を英語で訳せないあなたは、これを読むべきです」

0 件のコメント: