2015/10/13

rarely / hardly / scarcely / barely /seldom / merely の違い

■頻度について使う
hardly ever / rarely / seldom は頻度について使われます。
簡単に説明しますと、

この中で一番使われるのは、hardly ever です。 hardly だけだと、以下にある程度を表すものに使われます。

ちなみに、難しいなどを意味する hard の副詞は、そのまま hard です。
He was still breathing hard after his run.
彼は走った後もまだ強く呼吸していた。
この単語の場合は、副詞ですが、 ly をつけなくても大丈夫なのです。

She hardly ever calls me. = (almost never)
never  だと、絶対に決して今までずっとしたことがないという否定なのですが、それよりも少し柔らかくなった表現となります。ちなみに、never は、 ever の前に no が付いたものです。

rarely = often 
seldom = frequently 
というように対になっています。ちなみに、 rarely / really は発音が似ていて、Siri で区別できなかったのですが、コツをつかみました。(I got the hang of it!)

私は長らく、rarely の発音がうまくできないため、いつも発音が簡単な "seldom" で済ませていました。これって、結構裏技ですよ?

We rarely agree on what to do.
私たちは何をするかについて滅多に意見を共にしない。(意見を共にするのはレアだ)
"seldom" は書き言葉、もしくはちょっと上品に聞こえます。rarely は発音が難しいので、あえて "seldom" でも私はいいと思います。

一方、hardly / barley / scarcely 
まず、OXFORD3000単語である、hardly / hardly ever だけ覚えるようにしてください。


(Berry Hard Work)

この小人たちにとっては、ストロベリーも硬いのでしょうね。しかも、こんなハードワーク。。。

I could hardly believe it when I read the letter.
私はその手紙を読んだとき、ほとんど信じることができなかった…。

We hardly know each other.
私たちはお互いのことを知っているとは言い難い。=ほとんど知らない。

まさに、"almost no" の意味です。
この hardly は、ほとんどない。の意味を表す、"almost no" という感じで使われますが、これは、hard という硬い、辛い、難しいという意味がそのまま反映されています。信じるのは難しい=ほとんど信じられなかった。ということです。頭を働かせて熟考するとよくわかってきますよ?

barely は、日本語の辛うじての意味と全く同じ意味もあるので、hardly と同じ意味もあるとだけ覚えておけば大丈夫です。

以下の写真のタイトルを日本語に訳すと、かろうじて生き残っている木。です。そもそも、"bare" とはどういう意味かご存知ですか?熊を意味する bear と全く発音が同じです。

国際音声記号は [ber] 日本人の舌でも容易に発音できますね。

(a tree barely surviving)

She likes to walk around in bare feet.
彼女は裸足で歩き回るのが好きだ。(ベアーは、何も身にまとっていない状態。)
つまり、この写真の様子は、この木が枯れて、何も身にまとってない状態になってまで、かろうじて生き残っているちう意味です。

barely は、日本語の、かろうじて。と同じ意味でよく使われます。そのイメージを持つことが重要。日本語で言うと、辛うじて。=辛。というイメージもつきますが、裸になって、やばい=つらい。というようなイメージで結びつけるといいでしょう。

たとえば、英語が得意じゃないけれど、試験で作文と面接があったとして、上手じゃないんだけど、かろうじて・・・
I could barely read and write.
私はかろうじて読んで書くことができた。(できないと思っていたけど、できたみたいな感じ)
これが、使いようによっては、hardly / scarcely と同じような意味で使われます。

There was barely any smell.
どんな匂いもしなかったよ?(ほとんど) 裸というベアーからわかるように、程度が少ないという事を表しています。

scarcely も、hardly と同じ意味なのですが、この scarce は、scant などから派生しています。この単語は頻出単語ではありません。漢字を使うような感覚で使ってみてください。


I paid scant attention to what she was saying.
私は彼女が言っていたことに最小の注意を払った。程度が小さいことに焦点があります。ちなみに、"scarce" などで、グーグル画像検索すると、発展途上国の痩せた人々や、砂漠に水が減少しているような写真がずらーりと出てきます。私が調査した結果、この "scarcely" という単語は、他の "hardly / barely" に比べて、検索ヒット数が少ないので、読めてわかる程度にしておくのが無難と言えます。


ちなみに、OXFORD3000単語でもある、mere という形容詞を副詞にした merely は、simply, only の意味を強調するときに使われます。

They agreed to go merely because they were getting paid for it.
給料がもらえるという、ただそれだけで彼らは行くことに同意した。

こんな記事もオススメです。
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」

0 件のコメント: