2015/10/16

scratch? 掻く、引っかく意味がなぜ、初めからの意味に?

scratch

スクラッチ?パパラッチ?あまり使わなさそうなこの単語。猫に引っかかれたりすることってあんまりありませんからね。子供の頃なら、引っかいたりすることもあるかもしれませんが。

私は引っかく。という日本語の前に、北海道弁である、カッチャクという言葉が先に出てきました。やはり幼児期にしか使わなかった言葉なので、引っかくという言葉は知っていても口に出てこない。これは日本語も外国語も同じですね。

ね・・ミーちゃん、お願いだから、それだけはやめて・・・。
なんだか、そこらへんにいそうな憎たらしそうなミーちゃんって感じのネコちゃんですね・・(笑)

このように、スクラッチと聞くと、やはり、引っかくという意味が一番先に思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか?私だけ?

私は2014年頃、洋書を買いあさり、たくさんの哲学書などを読みました。そのとき、どの本でも、

from scratch

このイディオムを何度も見たのです。YouTube でニュースや映画を見るときも、使っている人がたくさんいます。さすが、OXFORD3000単語に指定されているだけありますけれど…。

They decided to dismantle the machine and start again from scratch.
彼らはその機械を分解して、初めからまたやり直すと決めた。

start again from scratch
この形でよく使われます。

ですが、英語の scratch は、掻く・引っかくの両方の意味があるので注意。私は仕事中結構身体を掻いています。こういう日英の違いは要注意です。

(仕事中に、このゴリラちゃんと同じように私もスクラッチしまくってます…)

日本語では、

①掻く(かく)
②引っかく

を区別しているのに対して、英語ではこれらの行為を一つの単語で表しています。あとで bleeding という単語が続けば引っかく、とか文脈で判断することになるのです。

で、なぜ、初めから、という意味に繋がるの?

それはたとえば黒板で書いた文字を掻くように消す姿を思い出していただければお分かりになると思います。作り上げたものを掻いて消して初めからまたやるというニュアンスなのです!これ、便利なのでどんどん使ってくださいね!

You can scratch my name off the list.
あなたは私の名前をリストからスクラッチしてもいいよ。これくらいの比喩的な方言ができたら一人前です。ですが、これはOXFORD3000単語ということを忘れずに!

こちらの記事もおすすめです。
「案外知られていない "deal" という単語のヒミツ」

0 件のコメント: