2015/11/23

ご教示するを英語でどう表現しますか?



ビジネスメールを書く、見るたびに、ご教示する/ご教授する の日本語の間違いを見るのが日課になってしまいました。そんな中、これを英語で訳したらどうなるのかな?と考えた結果、特に完全一致した言い回しはなかったのですが、私だったらこう言うかな?というものを今回の記事で書いていきたいと思います。

ちなみに、ご教授する。っていうのは間違いですからね?(汗)書道を教授する。というように、学問や技芸を教え授けること。が本来の意味ですから…。

教示する(教えて示すこと)が日本語的に正しいです。

私はこれを英語で表現するには、 "tip" にしたらどうかな?と思っています。
Give you tips. こういうフレーズを1つ覚えとくと、OXFORD3000単語でもある "tip" の使い方は簡単に覚えてしまいますね!

また、日本人の中に、chip / tip を同じ単語だと思い込んでしまっている人も多いと思います。

その理由として、チップかティップという単語が脳の同じ場所で記憶されてしまうからだと思います。

ポテトチップスは、chip ですね。

でも、ホテルやレストランでお客様がサービスを提供してくれたウェイターに支払うのは、tip です。(正式名称は、"gratuity" ) ですが、私はこの支払いのチップをポテトチップスのように、ICチップみたいに硬貨または紙幣をあげるようなイメージを持っていましたので、両者の単語を混同していた時期もありました。

ちなみに IC chip とは、Integrated Circuit microChip の略です。結構奥が深いですね・・!


結論

ビジネスメールでよく日本人は、ご教授ください。と、ご教示ください。を間違うのは有名な話ですが、このご教示ください。に最も相応しい表現は、"give me tips" だと私は思います。これは色々な言い回しがあるので、これだけがご教示するの意味を表すとは言い切れませんが…。たとえば、 advise などでももちろんご教示の意味は表せます。ですが、アドバイスよりももっと細かい専門的なニュアンスを出すなら、tip という感じではないでしょうか?

OXFORD 辞書の説明にはこのように書いてあります。
a small piece of advice about something practical
何か実用的なことについてのアドバイスの一部

秘訣のような意味にもなりますね。ティップの子供単語と頭に入れればいいかも!?

誰でも口から出せる
Let me know / please tell me などは表現上、知らせてください。の意味です。

ですが、せっかく tip という単語が OXFORD3000に指定されているので、発せる語彙の幅を広げるためにも、一度使ってみていただくことをオススメします。

tip = あなたが持っているアイデアというニュアンスを出すことができます。

tip / chip は、両方ともOXFORD3000単語なので、是非この機会に覚えてみてください。

こんな記事もオススメです。
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」

Etymology (英語の語源関連記事)」に戻る

0 件のコメント: