2015/12/10

アラビア語で日常生活を表現

アッサラームアライクム!

最近アラビア語単語を覚えているのですが、そうしている中で色々な発見があります。

この記事では動詞以外で私が1日に触れる単語の固有名詞をカタカナで書いていこうと思います。

思いついたら、随時追加予定。

私は基本8時間働いています。サバーッフ(朝)はハッマーム(浴室)で、頭を洗います。頭?ラースです。顔も洗います。顔?ワジャです。

ちょっとアラビア語の発音とは違いますが、頭の中に定着させるためカタカナ表記にします・・。こういうのは、外を歩いているときに頭の中に繰り返し浮かんできて定着します。

ジースム(身体)ももちろん洗います。(笑)

ジューラブます。(パンツ)を穿いて、ジュージューなラブ?(笑)マラビースン(服)を着て、

家を出ると、家はアラビア語で二つあります、バイトマンゼルです。どちらともグーグル画像検索しても同じような言えしか出ないので、同義?とも思ってしまいます。ネイティブに聞くと、マンゼルのほうが、形式ばった言い方だそうです。

サア(時計)を気にしながら髪の毛を整えたり。実はこのサアって、1時間、2時間の英語で言えば、"hour" という意味にも使えるんですよ?なんだか繋がっていきますね・・・!

手はイードですが、サア+イードで腕時計。

バブ(ドア)を閉め、ミフターフ(鍵)をかける。

近所の最寄りマハッタ(駅)に着いたら、私はダイーマンクルヤウム(毎日)電車で通勤します。せめて電車という単語くらいは覚えておきたい。そう思ってキタールという単語を暗記しました。というのも、来たる?と覚えたんです。私は横浜から品川まで北上していくので、北に来るのようなイメージからキタールをすぐに覚えることができました。(笑)

キタール(電車)の中では何をしているの?

カラム(ペン)とカームース(辞書)と遊んでいます。ちなみにイヤホンの線は絡みますが、ペンは絡みません。(笑)

そして、ヒ―ワン(動物)などの単語を調べていた時に、このキタールのキターが猫という単語を表す発音と同じだという事を知り、これもすぐに覚えてしまいました。ちなみにヒ―ワンという単語は私が通っている美容室の名前のビーワンで無理やり関連付けて覚えました(笑)
でも、よく調べてみるとハヤワーンというのが正しい発音のようです。

毎日太陽に浴びているので、太陽を見たときはシャムスと暗唱。(笑)

品川マハッタに着いた後、
品川駅はとても巨大な駅。大勢のナース(人々)が行き交います。最寄りの駅に着くと、コンビニでシャイ(お茶)を買う。マシュルーブです。飲むもの。という意味。

出勤後
毎日、会社のオフィスに通う。オフィスはアラビア語でマクタで、机も同じ単語であるマクタです。ですが、もちろん繋がっていて、マクタという単語もあります。

巻く束?しかも、このスーラ(画像)がとても印象的でこの画像とマクタバという単語が一緒に出てきます。巻くターバン?というような連想から、マクタバ(図書館)を覚えることは容易でした。(笑)

スーラ(画像→イメージのこと)と、タスウィール(写真)は、意識しなければ日本語でも間違えてしまう可能性があるので注意しなきゃ。。

マクタブの上に、家から持ってきている自分のマウスやお茶のペットボトルなどを置いて、パソコンの画面を見始めます。



(オマーンにあるマクタバ=図書館の写真。豪華すぎる・・)

こんな高級感のあり温かそうな図書館で本を読みたい。うん?本?キターブが本です。となると、毎日電車の中で読んでいるアラビア語と英語の辞書は?先ほども書きましたが、カームースです。

昼は、マッタァーム(レストラン)でガダァー(昼食)をとります。そのあと、近くのナッフル(川)の近くを散歩。

いつも、サマカ(魚)と、アールズ(米)を食べています。ハァサァー・アルミ―ズ(味噌汁)を飲みます。ミーズは味噌の意味です。アルは英語の、"the" と同じ意味です。

家の最寄り駅に帰ってきて、
帰りには月の光も浴びているので月を見ながらカマルと言ってみる…。もちろん星も光っているので、ナジュマと星を表すアラビア語を暗唱してみる。ついでに、月や星の光をみて、ダウッと言ってみる。。

(これを見ると、北海道で高校に通っていた時の帰り道を思い出します)

■帰宅後

家というマカーン(場所)で、どんなタッァーム(ご飯)を食べている?

マンゼルに帰ってくると、ミクラート(フライパン)でカリー(カレー)を温めます。バイダァ(卵)を2個とかフライパンで軽く焼いてカレーにのせます。

ミルアーカ(スプーン)とシャウカッ(フォーク)を使ったりします。

バッサル(玉ねぎ)とわかめのハァサァー・アルミ―ズ味噌汁をよく作ります。


部屋にはテーブルも机もないので、ラウハ(板)を段ボールの上に置いてそれをテーブルの代わりにしています。というのも、私はこの部屋に1年くらいしかすまないつもりなのでアサース(家具)を全然買っていないのでした。カーテンさえも。

アサースはありがとうございます。のアザースで覚えようと思います。(笑)

そして、サリール(寝台)を持っていない私は畳の上に布団を敷いて寝ていましたが、最近は床が寒いので、押し入れの上に布団を敷いて寝ています。そうでなければ風邪をひいてしまうでしょう。

こうやって日々、ウィキペディアや辞書などで完全に一致する単語だけを辞書に線を引きながら暗記しているのですが、何度も繰り返し目を通したり、頭の中で暗唱したりすると、ふとしたときに、その単語が出てきて、覚えてしまうような感じです。ですが何度やっても思い浮かばない単語もあります。それはまだ覚えなくてもいいという意味なのかな?いずれにせよ、私の頭の処理に任せて、覚えていないところは何度もやろうとはせず、その代りに新しい単語をどんどん吸収して辞書の中に線を引いています。

こんな記事もオススメです。
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」

0 件のコメント: