多言語を操るマルチリンガールりょうこが世界の情報やお得なお仕事情報などをお届けします♩

誰もがインターネットで資金を集めることができる、クラウドファンディングとは?




今の世の中、若い人が事業を始めたくても、なかなか始められないという現状がありいます。というのも、アルバイトなどでお金を貯めるのにも限界があるからです。

もし、支援者がいてくれて、その事業だけに集中して取り組むことができれば、成功する人は思っているよりもたくさんいる。というのは間違いないはずです。

日本でも奨学金などで学費を免除。その代わりしっかり勉強する。とか、投資家がいる人は、投資してもらって事業に専念することができるかもしれない。

けれども、今の時代、会社を興さなくても、何か夢に向かってチャレンジしたい人を応援してくれる資金提供者がインターネットには存在するのです。

クラウドファンディングとは、このように支援者から資金を調達するプラットフォーム



クラウドファウンディング。
このクラウドの意味。よく勘違いされやすいのですが、雲の cloud ではなく群衆の意味を表す crowd なので間違わないように。(笑)

https://en.wikipedia.org/wiki/Crowdfunding

この写真は、私の知人でアフリカ商会の代表の山田さんです。山田さんはご自身の目標を達成するために、このようにクラウドファンディングを使って、多くの支援者から資金を集めることに成功できた人です。私が知っている人では、山田さんしかいなかったので・・。

赤枠には、支援者から募った額が表示されています。112万円以上。とても素晴らしいです。山田さんが現在セネガルでされている内容が多くの人に評価されたのでしょう。

そもそもセネガルに行こうと思う日本人なんて本当に稀ですから、山田一雅さんには今後もご活躍していただきたいと願っています。

山田さんとどうやって知り合ったの?

山田さんとは、フェイスブックを通じて何度かお話したことがある程度ですが…。
彼はセネガルに雇用を生み出すべくご活躍されている方で、私が注目している人です。

もともと私が発展途上国に対して貢献したいという気持がありますが、それは自分自身ではできないということをわかっているので、彼を応援したい。そういう気持ちなのです。

私と同じように、日本にも本当は時間があって環境さえ許せば、発展途上国で恵まれない子供たちの力になりたいと思う日本人はたくさんいることでしょう。

そういう人たちが、山田さんに期待して、このように資金提供する。のです。

何をしたいのか?何に貢献できるのか明確にすること。

資金提供を受けたい。そう誰もが思うかもしれない。けれども、資金提供を受けるには、資金を提供してもらう代わりに、資金提供者にどんなメリットがあるのか考えなければなりません。

たとえば、私が山田さんに5万円の資金提供をしたとします。この5万円で、今後五年間、山田さんの頑張りを見続けることで、ただそれだけで5万円の価値がある。と思う人もいるのです。

お金の価値というのは、物質的なものではなく、自分の願望とも結びついてきます。これを支払うことによって、なんらかのプラスの影響を受けるのなら、快く資金提供者は、その人が思う対価のために、資金提供するのではないでしょうか?

近い将来、私もクラウドファンディングをするかもしれません

現時点では明確にはなっていないので、もちろん資金提供を受けようという行動には至っていませんが、もう少し私が、あることに確信できた時点で、私も山田さんのように明確なプランを提示して、資金提供を受ける準備をするかもしれません。

そのためには、今やっていることを3年続けるということと、それらを今後持続できるか?ということを私なりにもっと考えていくつもりです。

以下は、私が知っているクラウドファンディングのサイト

Ready for 

https://readyfor.jp/

山田さんがご利用しているプラットフォームです。さまざまなプロジェクトがあり、みているだけでもワクワクする。

どこに行くのかわからない、下手な募金に費やすより、目に見える形でわかる人に募金する形で資金提供するのも悪くないかもしれません。

朝日新聞の a-port 

https://a-port.asahi.com/

これは、クラウドファウンディングは、かなり影響力があるようです。このHAKUTO というプロジェクトを見てみると、民間で月へ行こう!というプロジェクトらしくて、

すでに、1000万円以上資金が集められています。

人道支援や、誰もが達成できていないことなどを、こういう形ですることで、より多くの日本人が活躍してほしい。

makuake

http://apply-product.makuake.com/

こちらは国内で資金調達額ナンバーワンのクラウドファンディングだそうです。モノづくりなので、何かを作ることで社会貢献もできる。

アイデアがあるけど、資金がない人にはもってこいですね。

最後に。
こういうサービスの価値観は欧米では広まっていますが、日本ではまだ規模が小さいようですので、このクラウドファンディングのサービスが日本で、よりが広まってほしいと思っています。

よくイスラム圏では持っているものは貧しいものに与えるのが当たり前と言いますが、現在の日本では持っている人が持っていない人を抑圧している感じがあります。日本がもっと変わっていけるといいですね。

こんな記事もオススメです。
「日本人でも欧州連合エストニア共和国の居住者になれる!」
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」

2017年04月26日更新
誰もがインターネットで資金を集めることができる、クラウドファンディングとは? 誰もがインターネットで資金を集めることができる、クラウドファンディングとは? Reviewed by よこいりょうこ on 12月 16, 2015 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.