2015/12/03

質量を意味する mass / quality の違い

質量を GOO辞書で調べてみるとこのような説明になっています。

1 物体の慣性の大きさを示す量。または、重力を生じさせる原因となる量。相対性理論によれば、質量はエネルギーの一形態であるとされる。単位はキログラム、その他トン・カラット・匁 (もんめ) など。

2 物の重さ。重量。「このカメラの―は約1キロだ」

そもそも慣性とは何?

完成や感性、または歓声、閑静なら知っているけど、まだカンセイという単語が存在したの?

慣性=外力が働かなければ、物体はその運動状態を保つという性質。惰性。

つまり、動いているものは何かの圧力がない限りずっと動いている。そして、止まっているものも何かの圧力がない限りずっと止まっているという意味です。(For your reference)

"The kilogram is the unit of mass"

という英文をグーグルで見つけましたが、そういうことなのですね…。

matter には、 mass volume がある。

massive hurricane, massive dog など、大きいものには、massive をよく使いますが、これは mass から来ているのは言うまでもないですね。


そもそも私は偏差値35以下の高校に通っていただけあり、勉強はずっとしてこなかったので、質量と言っても、何のことやらイメージがつきません。

そのため、いつも quality / quantity という質と量だけで済ませてしまっていたようです。

mass は塊という意味でしか理解しておらず、massive をよく大量の塊=大きな。という意味で使っていたくらいです。今回アラビア語の単語と英単語を完全一致させる作業をしているときに、発見した形です。

こういうのは物理学というのでしょうが、私は24歳くらいの時に、アルバイト先の先輩が”物理的に無理でしょう・・”とか言っていたり、”~が錯綜している”と言ったりしている日本語を聞いて、意味が分かっていませんでした。なので、その後日本語を真剣に勉強することに拍車をかけたのですが・・・。(この日本語を疎かにしていた時期は、まだ外国語が中途半端な時期であり、日本から離れたいと思っていた時期です)

つまり、私に必要なのは、英単語を調べるというよりも、そのもとになる日本語の質量という意味を完全に理解することでしょう。OXFORD3000単語内のこんな簡単な単語を見落としていた私はちょっと恥ずかしいですね!

日々お勉強のマルチリンガールでした(笑)

こんな記事もオススメです。
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」

Etymology (英語の語源関連記事)」に戻る

0 件のコメント: