2015/12/28

え?フィリピンのマニラってこんなに大都会だった?

あまり意識したことがなかったフィリピン。天皇皇后両陛下が最近フィリピンをご訪問された際も、私はあまり気にしていませんでした。東南アジアと言えば、人口的にインドネシアが一番大国なのでそちらに気を取られていたというか…。でも、フィリピンってよく考えてみたら、沖縄からも近い国。私はテレビをずっと見ていないせいか、フィリピンの情報もあまり入ってきませんが、フェイスブックではフィリピンのグループで私が積極的に投稿しているというのもあり、少しずつフィリピンで起業されている方や、フィリピンに留学されている方との繋がりが、構築されつつあります。

そんな中、インターネットサーフィングをしているときに、私はある写真をみてしまったのです。フィリピンの開発地区である taguig という街。この街を見た瞬間・・・、

マニラは大都会だった・・・。と思わず心の中で・・。

行ったこともないので、もちろん私は写真でしか判断できないのですが…。マニラにこんな街があったんですね。とただ思っているだけです。

こういう丸の内や新宿みたいな場所がフィリピンにあるのは日本人にとっていいかもしれません。なぜなら、雑居ビルや車の排気ガスがひどい下町よりも、安全に散歩したり、生活したりできるエリアだからです。こういう再開発地区は、そこに住んでいる人も限られた人しか住めないので、先進国の日本からくる場合、ありがたいことだと思います。

たとえばインドは富裕層だけの街がたくさんあります。以下の写真のように高層マンションをたくさん建て、限られた人しか住めない安全な街をいくつも作っているんです。




他のブログから、ちょっと写真をお借りします。これが2010年ころ撮影されたものだと考えると、今はどうなっているの?と思いますね。

もちろん、私は高層ビルがたくさん建っているから都会とは思っていません。それは見た目の問題であり、高層ビルの中のエレベータがすぐに故障したり、トイレが汚かったりといったことを中国で体験しているので…。ですがやはり高層ビルが多いというのは色々メリットもあると思います。

たとえば、おそらく多くの投資家や旅行に行きたい人は、まず都市の外見から入っていくでしょう。そういう人が大多数なのですから、やはり見た目から質に変わるチャンスをもたらしてくれるのでは?と思ったりもします。

フィリピンがもっと強くなってくれて、日本とフィリピンの関係がもっと良くなってくれたら、それ以上にいいことはありませんね!

空から見るとこのような感じです。

高層ビルと緑のコントラストがいいですね!って、もしかしてその緑の部分ってスラム街だったりして!?

でも、割と整備されたようにも見えるので、高層ビル付近にある緑色のエリアは結構いいところの家なのかもしれませんね!?



最近インドネシア語を勉強していて思ったのですが、インドネシア語とタガログ語は数字がほとんど同じだということに気づきました…(笑)

とういこともあって、インドネシア語の学習は色々なところで役立つということを改めて実感しました。

This image is from http://nodoors.blogspot.jp/2010/05/makati-and-taguig-from-sky.html

こんな記事もオススメです。
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」

「マルチリンガル情報(専門以外の外国語学習)」に戻る

0 件のコメント: