2015/12/02

port / harbor / marina / wharf / quay / dock / berth / pier / jetty 意味の違い

ポートとか、ふ頭、湾岸、港。

とにかく海事関係のお仕事をしているとかではない限り、これらの単語を英語で区別するのは難しいと思います。ということで、私はすべての英語サイトと英英辞書から寄せ集めた参照付きのページを作成することにしました。

①port
ポートとは、輸出・輸入の英語である "import" "export" からもわかるように玄関口になります。たとえば、アメリカのポートランドと聞けば、船の出入りするポートがある都市なのだな。というのがすぐにわかると思います。このポートというのは、空に玄関である空港 "airport" や 海の玄関である "seaport" なども含みます。なので、大きな概念です。ポータブルというのも、すぐに出入りできる=通信が繋がるようなイメージですね。ポータルサイトも玄関口。そういう概念なのです。

②harbor
よくポートと比べられることが多いハーバー。パールハーバーなどが有名ですね。このハーバーは海のポートにあるコンクリートの壁で囲まれたエリアです。

harry = 悩ますという意味のハリーは攻撃するという意味になるので、
bury = 埋める

攻撃するところを埋める=守られている場所というのがハーバーの語源です。
ハリーについてもっと詳しく知りたい方は以下をご覧ください。
hurry / rush の違い」


とうことで、よく経済誌でもでてきますが、harbor を動詞として使うと、

Police believe someone must be harboring the killer.
警察は誰かが殺人者を隠していると信じている。

という風に、隠すという意味にも使えます。私はハーバーのことを湾(わん)と訳していた時期があって、コンクリートの壁でおおわれているイメージを持っていなかったので、動詞で harbor をみたときは、あまり納得がいきませんでした。ですが、写真をご覧いただいても分かる通り、このように隠すというイメージも作ることができるのです。

ちなみにイギリス英語ではスペルがちょっと違い、 harbour となります。


➂marina

マリーナはよく聞きますよね。マリンという言葉から来ていますね。marine という単語は、mere が語源という事にはちょっとびっくりですが。マリーナとはボートやヨットなどのための特別なハーバーです。ハーバーとの違いは、ヨットやボートがメインのハーバーだという事でしょう。

この写真はアブダビです。オーストラリアのゴールドコーストなんかもそうですが、こういうお金持ち国家にはヨットやボートを所有している人が多いため、車代わりにこうやって止めるんです。そこがマリーナです。


④wharf / quay

これら2つの単語は同じです。ネイティブスピーカーでも、quay の発音がキーだとは知らない人が多いというのにはびっくり。ケイのように発音してしまうのだとか。

このワーフを私が聞いたとき、ロンドンのシティに次ぐ金融街であるカナリーワーフなどを私はイメージしてしまいます。ですが、横浜にある、●●ふ頭のようにコンテナを置くためのコンクリート、そして、この写真のように船がワーフに直結できるようになっているものがワーフと言えます。

ワーフの語源は、shore, bank で、まさに人工的な岸であると言えますね。

⑤dock
造船所。今治なんて造船地として有名な場所ですね。船を修理したり作ったりする場所がドックです。そのほかにも、貨物を降ろしたり載せたりするときにも使われたりします。

⑥berth
誕生するという意味のバースと同じ発音のこの単語。これはドックにある船を寝かすところです。
なので、ドックの中にあると覚えてください。

(船・列車・飛行機の)寝台,段ベッドという意味もあります。

⑦pier

写真をみていただければすぐにわかるかもしれません。
日本語では桟橋(さんばし)といいます。あまり使わないのでピンと来ない方も多いのではないでしょうか?よく英語の小説などで、桟橋を散歩するなどと使われています。

⑧jetty
このジェッティというのはフランス語で、"thrown" という意味です。なので、この桟橋のような一番先端部分のことを言います。

ちなみに、jet から来ていることからもわかるように、これは噴出するようなイメージで、桟橋に限らず海のほうに突き出ている先端部分に使われるそうです。英語は合理的すね!

以下の記事もオススメです。
「本当の湾はどれ? gulf / bay / inlet / cove / lagoon 意味の違い」
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」

Etymology (英語の語源関連記事)」に戻る

0 件のコメント: