2015/12/14

emperor の本当の意味

以前、「エリザベス女王が天皇陛下と握手する際に、自ら一歩踏み出す理由」この記事を書きましたが、私のブログの中で一番読まれている記事になってしまいました。

この記事の中でも説明していますが、もうちょっとエンペラーの定義について、掻い摘んでみたいと思います。

天皇という称号を emperor と訳しますが、これはちょっと違うように思います。というのも、

まず、エンペラーという単語はどういうものが語源なのかご説明したいと思います。empire から来ています。 British empire のように、大英帝国。帝国の意味ですね。帝国の王がエンペラーです。

ですが、現在の日本には植民地などありませんし、支配すらしていません。

よく天皇陛下はローマ教皇と比較されますが、現在でも形式上オーストラリアやカナダ、ニュージーランド、その他、数十カ国の女王であるエリザベス女王と天皇陛下は比較の対象にならないように思います。

イランアメリカ大使館人質事件以前のイランには、ペルシア語でシャーとよばれるエンペラーが存在していました。またこのエンペラーは天皇とも、大英帝国の帝国の王とも意味が違ってきますね。シャーを英語に置き換えられなかったため、エンペラーと訳してしまっているだけです。現在の天皇陛下も同じようなものでしょう。



将軍がいた時代、天皇は法王みたいなもので、将軍がエンペラーみたいなものだったとすると、やはり現在の天皇も、法王と比べるのが一番いいように思います。

この記事はほかの方の意見も取り入れて、修正していきたいと思います。コメントいただけるとうれしいです。

こんな記事もオススメです。
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」

0 件のコメント: