2015/12/25

25歳まで、私はセミリンガルでした

セミリンガル?この言葉は辞書などにも掲載されいなく、ペスクタリアンのように正式には認知されていない言葉ですが、言語学者の間で広く使われていて、一般に通じる言葉になっているそうです。それは英語圏でも日本語圏でも同様です。

実は私は今日まさに、この言葉を知りました。

semilingual is defined as a person who know two languages but exhibit low profile in both, that involves have poor vocabulary and wrong grammar. Semilinguals. Four language abilities: Listening. Speaking.

セミリンガルとは、2ヶ国語を知りながらも、両方の言語を浅くしか操ることができない人のことを指します。つまり語彙に貧しかったり、文法的なミスが多かったりする人。

私なりに、このセミリンガルという言葉を解釈すると、セミリンガルとは、バイリンガルでありながらも、例えば日本語と英語の両方の言語を話すことはできても、どちらの言語もネイティブ並みに操れない状態のことを言います。なので、例えば帰国子女の人たちが日本で就職する際に、日本語がお客様と電話対応できるレベルではないくらい。つまり、尊敬語・謙譲語・丁寧語をきちんと理解できていない場合、セミリンガルと疑うべきでしょう。

私は何度かこういう人たちに会ってきました。たとえば、アメリカで中華系の両親に育てられた中華系のアメリカ人。英語はネイティブ並みだけれども、家族と話す共通語である北京語は日常会話レベルまでできても、漢字が書けないので難しい話ができない。それは両親がアメリカで将来困らないように、英語だけに集中させたという愛情からでもありますが…。

日本語や中国語は、漢字で表すことによって語彙を広げているので、漢字の仕組みがわからないと、同じ読み方の語彙に遭遇した時、混乱します。

同様に、小学校のうちから子供に英語を勉強させることは悪いことではありませんが、その分、日本語の国語力も鍛えてあげることが、将来、お子様も親に感謝するに違いありません。



なぜなら、私は本当に言葉に苦労してきたからです…。

私は偏差値35以下のバカ高出身。もちろん、知らない日本語の語彙が多かったんです。高校の時は勉強なんてせずに遊んでいましたから。バカ高の中でも、クラスの中で成績は後ろから二番目か、またはビリ。数学のテストは大体は白紙。ということは、当たり前。

たとえば、天皇陛下の陛を階段の階だと思い込んでいたり、語彙(ごい)という単語すら知らず、娯楽(ごらく)と読んでいたり、それはもう酷いものでした。そして18歳の時、高校を卒業。

以後、国語なんて勉強せずに、全く分からない英語をただひたすら、小学校レベルで勉強していました。とりあえず、日本語は忘れて英語に慣れようと思ったのです。なぜなら、他のアジアの言語とは違い、英語は言葉の概念が違ったりするからです。つまり、東アジアの言語に比べると、完全一致できない単語が多い。

どのような方法で日本にいながらも英語環境を作ったのかというと、

それは日本で暮らしながらも、日本語をあまり使わないデータ入力などの仕事を黙々とやり、プライベートでは英語だけを使うというものでした。

たとえば、インターネットの外国人交流サイトで、オンライン友達を作って、当時あたり前のように使っていたMSNメッセンジャーで外国人とリアルタイムでチャットしたりです。

そんなことに時間を費やしていたので、私の学力は中学校レベル、またはそれ以下でした。

それで上海に滞在中、とても恥ずかしい場面に出くわしたのです。友達の誕生日パーティーで英語で自己紹介ができなかったこと。今まで自分で英語はペラペラですと思っていたのに…。
「上海に移住するが、就職できず帰国」

そこで、私はとにかく1つの言語をきんとやらなくては!という気持ちで、米国を目指すことになります。親友のキャサリンに会いに行くために、データ入力の仕事をしていた二か月間は、中級語彙をたくさん仕事中に吸収していました。

それは、flourish とか、parameter とか、今まで見たことのなかった中級単語です。

「親友のキャサリンへ会いに、二度目のニューヨーク」

その後、2回目のニューヨークに行くのですが、やはりアメリカに滞在する日本人の英語も、それほどレベルが高いというものではありませんでした。これはカナダにワーホリで滞在した時に感じたことと同じ。(場所によりますが)私が出会えた人たち、例えば、ゲストハウスや日本人同士で固まっている人たちなど。一方、私の親友のキャサリンも英語のネイティブですが、英語を教えるほどまで英語を理解していない状態。

「中国の張家口で日本語教師を担当した約1ヶ月半」

そんな中、私は数年前に取得した日本語教師養成講座420時間を利用して、海外で日本語教師になります。日本円で、月給5万円くらいの日本語学校からスタートしました。ここでで二カ月も経たないうちに解雇される。北京郊外の田舎で日本人が全くいない田舎でさえ、私は解雇されてしまったのです。

この時、私は変わらなくてはならないと強く思いました。

このままじゃ日本には帰れない。どうにか日本語教師として経験を積み、母国語を鍛えたい。そして、現金もあまりない状態で、海上ルートで(フェリー)韓国に入国。

「さよなら韓国。ソウルの貧乏生活を終え、次は上海へ」

日本語教師として働かせていただくことになります。つまり、私は拾われて、救われたんです。給料は5万くらいでしたが、貧乏生活で数カ月しのぎます。

そこで私は自分のクラスを持つことになり、私自身も、日本語の基礎から勉強を始めたのです。

たとえば、これを食べさせてください。

この、させる?って何?というところから、細かく分析することを決心。それと同時に英語のフォーレストという文法書読破した!と言いたいところですが、正直に言うと、


(画像をクリックすると、アマゾンの詳細ページに移動します)

無理をせずに、1日数ページを好きなページからやるという風に続けました。読んだときに、文法の構造上完全に理解できるものは、鉛筆などで×をつけて、何度もそのページを開いても、×が付けられていない箇所は、自分が覚えられていないところなので、それらをパソコンのワードにまとめたりするような作業です。

ちなみに、このフォーレストは、韓国に来る前に、一度購入していたのですが、続けられる自信がなかったため、ちょっとだけ目を通して結局、中国の日本語学校に移動するときに捨ててしまいました。ですが、今回は韓国で英語の基礎をきっちりやるという気持ちから、福岡領事館にワーキングホリデーのビザを申請するとき、博多駅の書店で思い切って再度購入しました。(お金かけると、やらなきゃって思いますよね)

私はとにかく読むことにおいて、文法上理解できるようになることが韓国にいたときの目標でした。大学受験に励む韓国の高校生に紛れ込みながら、真冬の図書館でただひたすら、この文法書と向かっていました。そして、×をつけて完全に理解できたところはページごと破りとって捨ててしまうので、この文法書はだんだん薄くなっていきました。

貧乏生活が耐えられなくなり、韓国の二倍は給料が貰えて、韓国ワンルーム程度の部屋の家賃と同じくらいの料金で高層マンションの20階以上に住める中国の南京で日本語教師を続けることを決意。

この日本語学校では100人以上の生徒に、日本語の先生は常勤で二人しかいなかったので、私は大忙しで、プライベートで勉強する時間はほとんどありませんでした。中国語も特に使わず、日本語教授経験だけが増えていくという感じ。

生徒さんの中には、大学院生、私よりも日本語が上手な中国人、弁護士、68歳になってまでも日本語を頑張り続ける熱心なおじいちゃん。とにかくここの日本語学校は学費が高額だったせいか、教育をしっかり受けてた生徒さんしかいませんでした。そして、生徒さんの要求も高く、私に色々な違いなどを聞いてきたり、積極的な生徒さんが多かったのです。

その中で私は強く感じた。私は "fall behind academically" だということ。
つまり、私の状況を文字で表すと、明らかに私はほかの人に比べて学術的に後れをとっていたのです。

今までヨーロッパや北米、オセアニア、中国や韓国を旅行して、色々な人たちを見てきました。ニュースも欠かさず色々な分野を見ていた。ですが、私には基礎が足りなかったのです。論理的思考もなく、感情的で、突発的で、衝動的…。

この時点で、私は物理的に、とか、理性的とか、理屈いう言葉すら知らなかったんですよ?

今までずっと日本語を避けてきたんです。それは上述したように、日本語を一切忘れて、英語だけで考える脳を鍛えようとしたからです。

これらの言葉を覚えてから、私は理性的になろうとか心の中で思うようになり、そして私自身が変わったのを強く覚えています。なぜなら理性的という言葉を知らな時点で、何が理性的なのかもわからず、私の行動が果たして正しかったのか?という思考もできないからです。

こんな状態では日本語を教えることはできない。

日本人のいない南京で、日本人というだけでチヤホヤされ、楽しかった日々を捨てて、戻りたくなくない日本に戻って職業訓練校に通うことを決意しました。

「求職者支援制度(職業訓練)を利用した4カ月半」

貿易・マネジメント・簿記を学ぶコースに入りますが、私はその間、購入した国語辞書を毎日鞄に入れて持ち歩き、自分の口から発せない日本語にひたすら線を引いていく作業をし、この職業訓練校にいた間は、主に母国語の増強をしていました。一方、職業訓練校を終えたら韓国の大学に入学すると決めていたので、韓国語もやっていました。

職業訓練校では、毎月10万円支給していただき、数ヶ月間その状態で生活していましたが、あの貧乏生活は忘れられません。苦境に陥っているとき、人は一番楽しいのではないでしょうか?這い上がろうと、努力する、そしてそれが実感できる状態になるからです。

このとき私は、24歳。私はホストクラブで働いていた時、社長にこう言われました。
お前は、23歳までは可愛いでいられる。けれど、それ以降はその分努力しないとダメだ。まさにそんな状況でした。

その後、韓国の高麗大学の語学堂で韓国語を数カ月学び、韓国の国立大学の英文英語学科に1年間だけ入学して、主に会話を中心とした英語のコミュニケーションに力を入れました。ラテン語を起源とする英語を根本的に理解しようと、英語版の聖書を持ち歩き、色々な教会に行って英語で聖書の内容について話したりもしました。

現在、数社での英語業務を経て、フリーランスでですが、日本の大企業の本社に勤務しながら、英語の翻訳をしております。

未だ日々勉強です。言語をマスターするなどとよく言いますが、流暢になることはできても、マスターするという事は不可能です。なぜなら、マスターはすべてを理解するという意味を含んでいるからです。

そう、私は謙虚に、もう一度初心に戻って、この外国語と向かわなければなりません。

この記事を書きながら改めて思う事。

この貧乏生活、波乱万丈な日々がなかったら、私のような怠け者は、現在の企業で英語を翻訳できるレベルまでにはならなかった。これは断言します。

私の性格というのは、マイペースで自分のしたいことしかやらないような性格です。だから今まで勉強もできなかったし、しようともしてこなかった。教科書を開けば眠くなるし、特に人の話を今まで聞かないような人でした。でも、この波乱万丈な過去のおかげで、私は言葉の1つ1つに興味を持つようになり、今ではブログをご覧になっている方はお分かりだとは思いますが、発音の辞書を作成したり、語源の解説記事を書いたりと、言語に時間を費やすことが、私の人生においての快楽になっています。

私は今まで忘れないで思ってきたこと。

仕事は変えてもいい。引っ越しはしてもいい。でも、英語だけは一生やる。

特にペスクタリアンになって、ペスクタリアンを続けられている自信からか、英語は絶対にやるっていう何かがずっと生きている状態です。

あなたにとって、それは金融かもしれない。それともファッションかもしれない。あるいは、法律分野だったり、料理かもしれない。

でも、一生続けられる何かがあるっていうのは、とっても素敵なことだと私は思います。

この記事が誰かの何かを1つ確実にやり通す動機になっていただければ幸いです。

こんな記事もオススメです。
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」

「ABOUT MULTILINGIRL♪」に戻る

0 件のコメント: