2016/01/20

時給900円と時給1700円のバイトの違い

私は約50社以上をアルバイトや派遣で回っていたので、色々な職場を見てきたのですが、もちろん正社員ではなかったので時給で考えてきました。

そして、色々な職場を振り返った時に思ったのが、時給900円と時給1700円では、どれだけ仕事の忙しさや職場の雰囲気が違うのかな?ということでした。

簡単に言いますと、

時給900円の方が時給1700円の数倍過酷でした。たとえば、わたしは横浜ランドマークタワーのバーやレストランの配膳をしたことがありますが、ずっと立ちっぱなし、早歩きなど、まるでダイエットしに来ている状態。でも、時給900円。もちろんダイエットしたいという方ならいいかもしれません。でも、当時私は勉強したくてしかたなかったので、その仕事が終わってクタクタになったころに図書館に行っても、勉強に実が入りませんでした。



北海道の偏差値35以下の、しかも成績はクラスの中でビリ状態だった私がもちろん高校卒業後に環境に恵まれた職場で仕事をすることもできずに・・。数年は飲食店、ちょっとした肉体労働、データ入力系の仕事をしながら、海外滞在経験を積んだり、コールセンターで電話業務を学んだり、その中で語学に力を入れていきました。(語学に力を入れないと生きていけないと思ったので…)そうするうちに、語学が私の趣味になってしまうのですが…。

証券資格をとったり、英語がビジネスレベルになったときから、時給は1700円以上にあがりました。そうすると、勉強しながらお金がもらえるという感覚に。勉強好きにはたまりません。

時給1700円くらいの職場で働けるようになった時、会社の雰囲気は今までみたものとは違っていました。これは学歴の差?同じ日本人でも職場によってそこにいる人たちの全体的な雰囲気が違う。これは1つの会社に調和しているからとも言えそうですが、同じ日本でもやはり格差はあるのだと実感。もちろん、私が時給1700円以上で派遣される職場は正社員の場合はよい大学を卒業した人が多いです。一方、時給900円あたりのときは、高卒か、または海外からの出稼ぎ労働者がいるような感じのところも多かったです。

また、時給1700円を支給できる会社は大企業のことが多く、大企業ではなくても大企業のグループの属しているため、会社のコンプライアンスがしっかりしています。コンプライアンスとは、行動規範のことであり、たとえばパワハラなどをしない。とか、ちょっとでも悪口ととれるようなことがあったら、その会社独自のコールセンターに電話することによって解決できるような仕組みです。つまり、大企業、特に歴史の長い大手だと、そういうものが整っているように思います。

高卒とかをバカにしているわけではありません。高卒で成功している人なんてたくさんいます。マネジメント職に就ける人が求められているものは人間性が多いですからね。実際、以前働いていた職場の部長さんも高卒ということを誇り気に話していました。彼の人間性は確かに良いのです。だから指示される側もついていきたいと思う。

私がこの記事で伝えたいこと。それは遊んでいるひまがあったら勉強して、社会の為、世界のために貢献しようよ。ということです。世界には様々な境遇の人がいる。私はそんな人たちと日本人を繋げる役割をしたいです。

こんな記事もオススメです。
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」

「マルチリンガールの疑問、提案、オピニオン」に戻る

0 件のコメント: