2016/01/05

下手な英語でネイティブに話しかけたら、彼らはどう思う?

Never make fun of someone who speaks broken English. It means they know another language.

こんな言葉をご存知ですか?とても有名な言葉です。

H. Jackson Brown, Jr. という人が残した言葉だそうです。

下手な英語を話す人を面白おかしく思ってはいけない。なぜなら、それは彼がほかのもう一つの言語を話せるという意味だからです。

よく外国人に英語で話しかけられて、何も言えなかったという経験はありませんか?多くの日本人はこう思うかもしれない。英語も話せない自分って何なんだろう。と。でもネイティブからすれば、日本人が英語を話せないのは当たり前。ましてや、アメリカ人が日本語を話せるのでしょうか?

英語がグローバル言語だからと言って、誰もあなたの綺麗な英語の期待はしてません。

ましてや、大部分のアメリカ人やイギリス人は多くの日本人が英語を話せないように、第二外国語を話せないのですから。

よく YouTube などで日本人とは違うリズム感で日本語を頑張って話している外国人を見ていると、親近感がわきませんか?また、その独学で頑張って学んだ外国人と、日本で育って日本人と差もない日本語が流暢な外国人、どちらに好感が持てますか?

物事を逆に考えると、すぐにわかるはずです。

言うまでもなく、努力して得た言語というのは、聞き手に必ず伝わります。

とても恥ずかしいことに、幼児期に外国に渡って英語が話せるようになった人の一部には、努力して英語を頑張っている人を見下げたりする人もいます。そういう人は人間性に問題があるのであり、惑わされてはいけません。

逆に頭の良い人は、英語が上手に話せない人をみたとき、

Never make fun of someone who speaks broken English. It means they know another language.

という有名な言葉を思い出すでしょう。


物事を、多方面から見ることができないという事は本当に悲しいことです。そして、その人の可能性も狭めるのです。

そのような人は、表面上しかみることを知らないので、英語のできない人に対してあいつは頭が悪いとか、私よりも下手などと思ってしまうのではないでしょうか?

実際は話す相手が誰かによって、英語の上達度は変わる。
たとえネイティブスピーカーだったとしても、あまり好きではない人と英語を話しているとき、”え、なんで私こんなに英語がでてこないんだろう?”と思った経験はありませんか?それはあなたが相手に対してあまり良い印象を持っていなく、自分から打ち解けようとしないからです。当然、そう思ったら、別にたくさん英語を話さなくてもいいと思います。重要なのは、お互いに好きになれる相手とたくさん英会話を楽しむことじゃないでしょうか?(ビジネスになると、また話しは違ってきますけどね・・)

この記事を書いた理由。

それは、英語を話すのに上手も下手も取り除いて、あなたのしっかりとした個性と態度で話すということ。

もちろん聞き手があってのことなので、発音の勉強は最低するべきでしょう。難しい話の場合特に…。スピ―チなどで、聞き手が疲れないように語り調のリズムを習得するのもいいかもしれません。
「アクセントの本当の意味」

もう一度、思い出してほしいこと。

それは、あなたがもし英語をうまく話せない。のだとしたら、それは日本語という武器があるからです。おそらく、海外に出たことがない人なら、日本語の価値をよく知らないと思いますが、日本語がネイティブということは、世界に出たとき強みになるのだという事。それは知っていただきたいです。

そして、あなた英語も話せないの?とでも言いたさそうな人は無視しましょう。間違った人とかかわると、間違った人がもっと寄ってくるようになります。それはどこの国だって同じ。英語は日本語と同じように意思疎通の言語。なので、相手がどういう人か、ということがとても重要になってくるのだと思います。

フェイスブックでこの記事をシェアしたところ、以下のコメントをいただきました。

六本木  さん 
自分で喋る下手な英語を録音して聴き直すのが趣味です(^ ^)

仲市  さん  だいたい外人と打ち解ける前に英語話そうという気力が失われます。

酒井  さん  まず言葉を勉強する意味ってコミュニケーションとる為って言うのが大きいですよねだから全く努力しないのは問題外だけどブロークンでも伝えようって気持ちが1番大事だと思う^ - ^

Jabarie  さん 日本語のほうが 英語より 面白い と思います

辻谷 さん これはいい。ちょっと脚色して使わせてもらいます。ありがとうございます。

白川 さん ん、男性用着物?(笑)

青木 さん 英語に限った話じゃないですが、海外行くと、こちらの言うことをキチンと聞いてくれる人と、ネイティブみたいに流暢に話さないと、耳を傾けなかったりバカにする様な人がいます。
後者の様な人見ると、この人は外国語できない人なんだろうな〜って思います。
もししていたら、外国語習得の大変さを分かっているはずだからです。故にバカにする様な事はしないと思います。

ことみ さん 意外に外国人って気にしてませんよね
どう伝えるかってことが大事なんだとおもいました
日本人はキレイに話さないといけないという固定がいねんとらわれすぎだとおもいましたね

Hiroko  さん 今日の記事、特に気に入りました。とても納得できる。なので、やる気upしました(*^_^*)ありがとう!!

アオキ さん 何だか嬉しいお話しですねありがとう!

河合  さん 外国語を流暢に話せる人との差が出ますね。

松枝 さん ブロークンな英語は嫌いじゃないな~
状況を考えて、先回りして予測して、最短表現する訳だから、母国語では論理的に考えられるというタイプじゃないと使いこなせないと思う。
日本人でも日本語の下手な方が書いたりしゃべったりする英語は、ブロークンよりたち悪いです(笑)

Sanada さん
はじめまして。米国生活したばかりの頃に、「教材費」と決め込み何度も色々なドライブスルーに挑戦しました(笑) スピーカー越しでは聞き取れない、効率よく注文出来ないし、インド風、ヒスパニック風英語の店員ではさらに苦戦。仕事とはいえ、よく相手してくれたと感謝でした。支払い窓で「おお、あなただったの?」と言ってもらえた日がとても嬉しかったことを思い出しました♪

橘  さん  個人的には下手でも伝われば良いのだと思います。言語は相手と意思疎通するためのものですから^ ^

北島 さん  ・・・・つまり、語学の習得の近道は好きな外国の彼女をつくればいいんだな⁉️www

最後に。

(画像をクリックすると、アマゾンのレビューが見れます)

英語と言うのは、文法力があれば、あとは単語を並べるだけなのです。現在グローバル言語である英語が日本語と違うのは、

多くの国で話されている分、表現の仕方も、人それぞれだということ。

アフリカにはアフリカらしいアクセントがあり、日本にも日本らしいアクセントがある。またフランス人が話す英語やドイツ人が話す英語にもアクセントがある。

もちろん、アメリカのニュースにでてくるような発音も重要なのですが、一番重要なのは相手にきちんと伝えるということ。

これは日本語で日本人にうまく伝えられる力があることが条件になります。

そういう意味で、きちんと文法(会話用)を勉強することは今後の英会話学習の助けになると思います。この1億人の英文法は、ずっと売れ続けている、いわば会話のための文法本です。

私はこの文法書を私のメンティーさんと使っていますし、私自身3回くらい購入しました。(破って捨ててまた購入するという風に何度か繰り返したため)

この記事が何かのヒントになっていただければ、幸いです。

こんな記事もオススメです。

0 件のコメント: