2016/01/03

北海道の公用語がロシア語になったら?

このタイトル・・・。以前北海道独立について記事を書いたこともあったのですが、読者の方に独立を煽っている君は本当に日本人か?と言われたことを思い出しました。(笑)
「もし北海道が独立したら?」

私は想像力豊かな方なので、こういうことをよく想像してしまうのです。そして、想像していてもキリがないので、スッキリするためにこうやって記事化することにしました。

日本でも有数の大都市、札幌。

たとえば北海道がロシアに組み込まれた場合、札幌の都市圏人口は、260万にくらいなので、(For your reference)

こちらのロシアの都市圏人口ランキングを見ても分かるように、
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_cities_and_towns_in_Russia_by_population

北海道がロシアになった場合、札幌がモスクワ、サンクトペテルブルグに次いで、第三の都市圏になります。しかも極東に位置する大都市なので、その重要性は現在のウラジオストクよりも強くなるでしょう。しかも、北海道は太平洋に面しているので、米国にも行きやすく、北海道はロシアにとって重要な地区になるに違いありません。


ちなみに、ロシア語圏すべてを考慮すると、大都市圏順位は以下のようになります。

モスクワ (1150万人)
サンクトペテルブルグ (519万人)
キエフ (284万人)
サッポロ (260万人)
タシュケント (230万人)

あら、札幌がついにカタカナになってしまいましたね…。ロシア、キルギス、ウクライナ、ホッカイドウという国々の大都市がロシア語圏の中のTOP5になることになります・・。

私の妄想は止まらなさそう・・・。

この地図をみただけでも、もはや北海道はロシアに占領されたような気分になってしまいますね。

私は個人的には、犯罪さえしなければ、ロシア人をもっと北海道に増やしてもいいと思います。というよりも、今の日本ではロシアを理解しようとする日本人がとても少ないので、ロシア研究をもっと進めるのと同時に、ロシア語人材をより増やし、ロシア人を理解できる若者を増やすべきではないでしょうか?

この記事では北海道のロシア化を妄想していますが、私はそれを望んでいません。もしも?のことを書いているだけです。

ちなみに、私はロシア語もかじってますが、ロシア語がわかると、この広大な土地を全部自由に回れるのかな?と、思ったりしています。(笑)

狭い国土にずっと閉じ込められている気がする私には、この広い国土を全部自分のものにできるのなら、ロシア語を学ぶ価値はある!!なんて思ったりしています。といっても、ヨーロッパ・ロシア以外は本当に何もない土地ですが…。


それにしても、こうやって札幌がロシア語で書かれてしまうと、本当にロシアになってしまったような気持ちになりますね…。


これから、フェリーで北海道に帰るときは、茨城県の大洗港のフェリーターミナルで、入国審査しなければならないのでしょうか?まるで、ロンドンからパリまでフェリーで行くときのように…。

実は、密かに北海道の一部ではロシア化も始まっています…。


というのは、稚内はサハリン行きの船が出てますからね・・。当然といえば当然なのですが・・・。沖縄には中国の影が、北海道にはロシアの影がありますね・・。

こんな記事もオススメです。
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」

0 件のコメント: