2016/01/07

今月は1ヶ月間、インドネシア語と文化に集中しています

1月4日から、インドネシア語を再スタートしています。フェイスブックでも書き込みましたが、12月のクリスマスあたりからお正月が終わるあたりまで、スペイン語の辞書と戦っていました。基礎単語だけをウィキペディアで調べて完全一致させたり、そういう作業をひたすらしていました。

電車の中ではずっと辞書と戦っている感じです。スペイン語は1週間ちょっとで片付けることができました。というのも、以前にちょっと辞書に印をつけたりしていたのと、英単語と似ている概念語がたくさんあるためです。それと、辞書の中の頻出単語である赤マークがついたところだけを完全一致させる作業をしたり、そこにある例文をなんとなく読むような作業だったからです。

アラビア語は3ヶ月経っても、まだその作業を終わらせられていません。

ですが、休む期間も必要ということで、今月2016年1月は集中的にインドネシア語の3535単語と戦うことを決意。



(クリックするとアマゾンの詳細ページに移動します)

実際、この単語帳を開いてみて、私がウィキペディアなどで完全一致作業していると、ちょっと違うんじゃない?っていう単語もでてきます。私は出版されている辞書の間違いを訂正するのも趣味になってきています。(笑)

インドネシア語は単語を並べるだけで通じるような言語なので、文法をしっかり学ばなくてもこの本で単語だけを覚えていけば、早い人だと1ヶ月、遅くても半年くらいで結構操れるようになると言われています。そもそもインドネシア語は第二次世界大戦後、インドネシアがオランダから独立する際に、マレー語をもとにインドネシアのどの島の人たちでもわかるような言語にして作った物だから、構造が簡単なです。

「インドネシア語を学ぶメリット」


(グレーター・インドネシアと呼ばれているエリアです。アセアンじゃないですからね?)

インドネシア語の辞書と5日くらい戦って色々な発見があります。

①日本語と読み方が似ている単語が多い。

②アラビア語と完全一致できる単語が結構ある。

➂サンスクリット語が一番多いはず。たとえばインドネシア語で言語を意味するバハサはヒンディー語でもバハサです。

④オランダの植民地だったのでもちろんオランダ語と完全一致できるものもたくさんある。

⑤ポルトガルが昔このエリアのリングワ・フランカであったため、ポルトガルとと完全一致できるものも結構ある。

⑥インドネシアはイスラム教国だと思っていましたが、アニミズムのような昔から根付いているものも存在するため、完全なイスラム教の国ではない。たとえば日本のキリスト教徒がお墓参りするような感覚。

インドネシア語を勉強するという事は、アラビア語、オランダ語、ポルトガル語などをいい具合に勉強することだと言えるでしょう。というのがこの5日間の発見です。

実際にアラビア語の復習にもなっています。

3ヶ月手放さなったアラビア語の辞書には手を付けないようにしていますが、逆に忘れない!という脳が働くのか、アラビア語の音声などが頭をよぎったりします。これはまた不思議ですね。

インドネシアという世界

Aku mencari orang Indonesia untuk mempelajari bahasa Indonesia...

私は、理由もなくインドネシアに惹かれています。そして、2014年11月頃に、ある会社を辞める一ヶ月前、業務が減ったので、会社の中でインドネシア語の単語をエクセルに入れて、整理しながら、覚えていました。

(多様な民族を抱えるインドネシアというアセアンの大国)

なぜタイやマレーシアではないのか?フィリピンじゃダメなのか?私がインドネシアに惹かれた理由は、以下の3つのポイントに絞り出すことができる。

①アセアンの約半分の人口を有するイスラム国家。
②とにかく面積が広い。海が好きな私にとっては楽園。
③将来、日本の助けになってくれるという確信。

私はインドネシアに行きたくてたまらない。

日本にいない動物にたくさん会うことができるし、私が興味のあるイスラムカルチャーにも触れることができる。そして、多様な民族が暮す国家。

全てが私の知らない世界です。中国がこの15年ほどで、こんなに変わってしまったように、インドネシアも今後変わっていくでしょう。なぜ、それを確信しているのかというと、日本企業が投資しまくっているからです。

日本は今まで中国にたくさん投資してきましたが、ここ最近はインドネシアに投資している日本企業がとても多いです。この勢いはとまらないでほしいです。インドネシアは島国国家として、日本ともっと近づくべきで、日本人(特に若い方)は、もっとインドネシアに興味を持ってもいいかもしれません。


将来、私はパソコン一台持っていって、こんなスパの近くで、ほのぼのと暮したいです…。そんな生活ができるようになるためには、在宅でできる仕事で私が得意としている英語で翻訳業務でしょうか?もう少し色々なアイデアを考えてみようと思います。

今後、もっと色々な世界をのぞいていきたいので、私は語学の勉強をやめません!

こんな記事もオススメです。
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」

2015年11月15日更新

0 件のコメント: