2016/02/07

フィヨルドシティ、ビョルヴィカとは、どこ?



この写真をみて、あなたはどこだと思いましたか?なにやら、洗練された雰囲気のあるエリア。高層ビルではないけれども、一つ一つのビルにこだわりがあるようにも思える。

ここは北欧の国ノルウェーの首都オスロのウォーターフロントエリアに建設中の次世代型の街フィヨルドシティです。フィヨルドは中学校の時習いましたよね?その中心となる場所がビョルヴィガと呼ばれています。。

聞きなれない名前ですね。この写真をみると、銀座にありそうなブランドの本店にも見えます。フィヨルドシティと検索してみても、あまりヒットされないので敢えて記事化してみました。

フランス人の友達曰く、北欧は田舎だけど進んでいる地域に見えるのだそうです。



しばしばヨーロッパのシリコンバレーとも形容される北欧の都市。冬が長いせいか、パソコンが得意な人が育ちやすいのかな?オスロも、今後ITの拠点になっていくことは間違いないと思われます。フィヨルドシティ。頑張ってほしいですね。

ちなみにノルウェー語って英語では、

Norwegian [nɔːrˈwiːdʒən] ノーウィージョン

といいます。

下線部を引いた発音が、地域の意味を表す、 region [ˈridʒən]   リージョン

にかなり似ています。

ノルウェー語なんて英語で表現することは滅多にないと思いますが、この発音パターンは覚えておいて損はないです。

以下、URLからのものになるのですが、いつでもこの記事を見たときに、ノルウェー語も学べるように書かせていただきます。

こんにちは → God dag (グダーグ)
おはよう → God morgen (グモーン)
こんばんは → God kveld (グクヴェル)
おやすみなさい → God natt (グナット)
お元気ですか → Hvordan har du det? (ヴルダン ハール ドゥ デ?)
元気です → Fint, takk (フィン タック)
はい → Ja (ヤー)
いいえ → Nei (ナイ)
日本 → Japan (ヤーパン)
ノルウェー → Norge (ノルゲ)
私の名前はリョウコです → Jeg heter Ryoko (ヤイ ヘーテル リョウコ)
私は日本からきました → Jeg er fra Japan (ヤイ アル フラ ヤーパン)
さようなら → Ha det (ハーデ)
ありがとう → Takk (タック)
はい、ありがとう → Ja, takk (ヤー タック)
いいえ、けっこうです → Nei, takk (ナイ タック)
ごちそうさま → Takk for maten (タック フォ マーテン)
どうぞ → Vaer saa god (ヴァッショグ)
乾杯! → Skaal (スコール)
メリークリスマス → God jul (グ ユール)
あけましておめでとう → Godt nytt år (ゴット ニット オール)
ようこそ → Velkommen (ヴェルコンメン)
また会いましょう → Vi ses (ヴィーセース)



この写真をみると、余計にノルウェーに行きたくなってきました。北海道人の私にとっては北欧はすごく親近感があります。とはいっても、北海道は緯度的にもっと下なんですけどね…。

こんな記事もオススメです。
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」

「マルチリンガル情報(専門以外の外国語学習)」に戻る

0 件のコメント: