2016/02/18

本当の湾はどれ? gulf / bay / inlet / cove / lagoon 意味の違い


(写真は、東京湾。)

英語を勉強しているとき、なぜメキシコ湾の湾はガルフで、東京湾の湾はベイなの?とよく思いました。またベンガル湾は横に広い感じなのに、なぜ東京湾と同じベイなんだろう?ってね・・。

①gulf


この単語を覚える際に、一番のポイントがあります。それは、地球の腕と覚えることです。地球の腕に成り得る湾なら、東京湾のような小さいものでは到底無理。このメキシコ湾のように、巨大で、しかも陸に囲まれているようなイメージのものがガルフです。中東の石油が出る場所であるペルシャ湾も陸に囲まれています。

通常、 the gulf といえば、ペルシャ湾の意味になります。陸に大部分が囲まれているのがポイント。

この写真は、海溝などがみえるので、よりガルフを感じますね。


②bay



東京湾などもこれ。東京湾は地球の腕になるほど大きくないので、gulf ではない。ベンガル湾を基準に考えるのが賢明です。ベンガル湾とはこの写真にあるインドとその右側にあるミャンマーの間に存在する海の名称です。


③inlet


細長いのがポイント。 in 中に let ~させる(許可) 単純な語源です。日本では見たことありません。あったとしても覚えていない・・・。あえて日本語に訳さないのは、語源で覚えればラクラクだからです。

④cove



高校3年生の時、オーストラリアのメルボルンを旅行したのですが、こんな景色に遭遇したような気がします。日本でこういう cove はあるでしょうか?ちなみに、私は cove という単語をみると、covet という、他人のものを欲しがる。という意味の英単語が思い浮かんでしまいます。(笑)

以下の写真はご参考程度に・・・。




⑤lagoon 


ラグーンは、オマケです。あんまり日常にはでてこない単語ですよね!確かラグーンは新潟にあったような?記憶は定かではありません・・・。

こんな記事もオススメです。
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」
port / harbor / marina / wharf / quay / dock / berth / pier / jetty 意味の違い」

Etymology (英語の語源関連記事)」に戻る

0 件のコメント: