2016/02/22

思春期?青年期? puberty / adolescence / adolescent 語源と意味の違い

私が puberty という単語を知ったのは韓国の英会話カフェである韓国人女性がこの単語を発した時が最初でした。私にとって日本語の思春期と青年期の違いなんて考えたこともありませんでしたが、英語でもこのようにちょっと微妙な違いのある単語は結構あるんですね。

①puberty = 思春期


体が生殖機能 (reproduction) を持つようになる時期のことです。つまり、子供から大人に身体が変わる時期です。多くの子供がこの時期に色々悩むのです。この時期を経験してしまった人は忘れていると思いますが、おそらくこの時期に色々な人間関係の悩みとか、自分に対するコンプレックスとか感じたりしたのではないでしょうか?男性なら、かわいい。といわれていたのに、そうも言われなくなったりしますよね。

なぜなら、身体がまるっきり変わってしまう時期なのだから・・。もちろん精神的にも不安定になりやすい時期です。

②adolescence = 青年期


一方こちらは、生殖機能のことではなく、精神的、社会的に次のステップへ移行することを表す期間のことです。

➂adolescent
これは、②を体験する人のことです。

ちょっとはスッキリしたでしょうか?①②はどちらも簡単に言えば同じような意味なのですが、どちらを強調するかによってまた違ってきますね。

こんな記事もオススメです。
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」

0 件のコメント: