新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

英語で電話応対の際に必要な、通話表とは? (Spelling alphabet)

メンティーさんと

「メールで英語対応無制限サービス(+通話授業) / 英語メンター (English Mentor)

電話応対のトレーニングをしている際に、たとえば、

お客様の名前を聞いたりする場面になったりします。その際に、日本では、電話応対のスタッフがパナソニックのPですか?とか、東芝のTですか?

など、聞いている場面に一度は遭遇したことがあるのではいでしょうか?

これを英語にすると、どうやったらいいのかな?また、そんなこと調べるキーワードすら知らない。と思っている方も多いはず。

これを日本語では、通話表と言うそうです。以下は、通話表 (Spelling alphabet) について、詳しく説明している動画です。



日本語の電話応対をするのであれば、日立でもパナソニックでも、自分の知っている単語を言えばいいかもしれません。けれども、これが英語対応になると、やはり国際共通のフォーマットに従ったほうが無難です。

またこれに従うことで、電話応対が怖くなくなる。というメリットもあるのです。

(Spelling alphabet)

文字使用する語文字使用する語文字使用する語
AAlphaMMikeYYankee
BBravoNNovemberZZulu
CCharlieOOscar0Zero
DDeltaPPapa1One
EEchoQQuebec2Two
FFoxtrotRRomeo3Three
GGolfSSierra4Four
HHotelTTango5Five
IIndiaUUniform6Six
JJulietVVictor7Seven
KKiloWWhiskey8Eight
LLimaXX-Ray9Nine
このように、デルタとかエコー、ゴルフ、ユニフォーム。だれでも知っているような単語がでてきますね。

ちなみに、ゼロの発音は、ゼロではなく、ズィーロウだということも覚えておいてくださいね♪



フォックストロットは社交ダンスの一つ。現在もアメリカンスタイル社交ダンスの1種目として踊られている。ようです。(笑)

「メールで英語対応無制限サービス(+通話授業) / 英語メンター (English Mentor)

2017年3月11日更新
英語で電話応対の際に必要な、通話表とは? (Spelling alphabet) 英語で電話応対の際に必要な、通話表とは? (Spelling alphabet) Reviewed by よこいりょうこ on 2月 28, 2016 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.