2016/02/14

TOT (Tip of the tongue) 舌先現象とは?

https://en.m.wikipedia.org/wiki/Tip_of_the_tongue

私はよく寝る前に思い出せそうで思い出せないという頭の中の不思議な現象に遭遇することがある。これは、視覚でも嗅覚でも、もちろん触覚でもなく、味覚でも聴覚でもない。この感覚は、五感の何れかに当該するようにも思うのですが、本当にわからないのです。

インターネットで調べているうちに、こんな専門用語にぶちあたりました。

TOT


(まるで舌のような形をした花・・)

心理学を学んだことがある人なら、この頭文字だけでわかるそうです。 Tip of the tongue の略なのですが、日本語で言えば舌の先です。つまり、舌の先まで言いかかっているのに思い出せないという非常に悔しい現象。


話しはちょっと変わって、たまに、田舎にあるグリッド(碁盤の目のような)の住宅街のような場所をイメージの中でまっすぐ進む映像が頭の中に浮かんでくることがあります。

今も書きながらその映像をイメージすることができるのですが、おそらく私が行ったことのある場所のような気がするのですが、それがずっと思い出せない。特に寝る前は、1日の情報を一気に処理しようとするので、色々な場面が頭の中で駆け巡っているような感じなのかもしれませんね。

こんな体験みなさんしたことはありますか?夢の内容を共有するのは、また面白かもしれないですね!

こんな記事もオススメです。
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」

「マルチリンガールの疑問、提案、オピニオン」に戻る

0 件のコメント: