2016/03/05

ペイパルなら、海外送金の手数料も少なく、オンライン上で簡単に取引が可能


(ペイパルの本社)

まず、ペイパルって誰もが聞いたことがあると思うのですが、結構名前だけ知っていてあまり使い方がわからないっていう方も多いのでは?

私は誰でも使っているのかな?と思ったら、意外と使っている人が少なかったので、このブログで紹介しようと決意…。

私が初めてペイパルに出会ったのは、英語の発音だけを検索できる 発音辞書.COM を作った時です。ワードプレスというホームページ作成ツールに、この辞書の検索ツールをプラグインとして追加する必要があったので、私は辞書のプラグインを販売している人をインターネット上で探していました。そんなとき、とてもシンプルで使いやすそうな辞書のプラグインを販売しているサイトがありました。5000円くらいだったかな。でも、料金を支払うにはペイパルに登録をしなければならなかったのです。ということで、必然的に私はペイパルを登録してしまいました。というのも結構簡単なのですが…。5分もかかりません。

ペイパルというのは、ウェブ上にメールアドレスなど、個人情報を登録し、そこにクレジットカード情報を登録しておくことで、銀行口座を使わずにオンライン上ですぐにお金を振り込んだりできるサービスのことです。

例えば、ホームページを作って、何かを販売したいとする。商品の下に、ペイパルのウィンドウをつけておけば、その商品が気に入ったお客さんは、そのウィンドウをクリックし、クレジット番号を入力するでしょう。という単純なもの。

このようにすれば、お客様はそこにクレジットカードの番号を入力して即購入してしまうというものです。また返金トラブルなどの場合、それはお客様とペイパルでの交渉になるので、購入者と販売者が返金などでもめたりすることはありません。そういうメリットはかなり強いと思います。

これは購入者にとっても、販売者にとってもメリットといえるでしょう。購入者にとってはすぐに欲しいものを購入できる。また販売者にとっては返金などのトラブルに巻き込まれることがない。というようなところでしょうか。



アメリカではペイパルはかなり浸透しています。

ですが、登録時に気を付けなければならないことがあります。それは、ペイパルのアカウントには3つあるということです。

①パーソナルアカウント
②プレミアムアカウント
➂ビジネスアカウント

この3つです。


ですが、ペイパルのホームページから②のプレミアムアカウントをみつけることはできません。なぜなら、プレミアムアカウントは、①のパーソナルアカウントをアップグレードしたものだからです。

よく、プレミアムアカウントとビジネスアカウントを同じものだと勘違いして、インターネット上で、なぜプレミアムアカウントが登録時に表示されないのか?と質問している人がいる一方、それに答える側の人も、プレミアムアカウントのことをビジネスアカウントと混同して、ビジネスアカウントの登録手順を進めていたりとか、結構、知らない人が多いのです…。


ですが、これらは明確に違います。


①のパーソナルアカウントは制限付きで数回だけお金を受け取ることができる、またはECサイト(オークションサイトなど)でショッピングすることが出来るだけです。つまり、ショッピングだけしたい人はこのアカウント。これをアップグレードすることによって、プレミアムアカウントになります。それは最初にパーソナルアカウントに登録して個人情報などを書き終えたあたりに、アップグレードしますか?という画面が出てきますので、それに従ってください。

②のプレミアアカウントは、大量取引があり、クレジットカードでの支払いを受け取る必要がある会員や、パーソナルアカウントでは提供されない PayPal の特別機能を利用したい会員向けのアカウントです。つまり、ショッピングもするし、何か自分でも販売しているという人。

そのため、プレミアムアカウントにアップグレードする際、身分証明書の写真を添付して、ペイパルに送信しなければなりません。これは数日かかることもあります。私の場合、身分証明書の写真をアップロードして数時間後に、写真の撮り方に関しての注意メールがきて、その通りにまたアップロードしたら、数日後にアップグレードされていました。

➂のビジネスアカウントになると、お客様が何かを購入する際、個人名を相手に教えることなく、会社名を表示することが可能なうえ、インターネット上にも、ペイパルで支払う!のようなリンクを張ることが可能です。

ですが、日本に個人事業主として登記、または株式会社を設立したいけど、あまり日本にいない人や、海外を回りながらビジネスがしたいという人は、エストニアの e-residency を利用するのが最も効果的だと思います。

詳しくは以下を。
「日本人でも欧州連合エストニア共和国の居住者になれる!」

ビジネスアカウントに登録するには、個人事業主(じぎょうぬし)登録を役所に届け、その証明をペイパルに提出する必要があります。言うまでもなく、会社・法人の登記事項証明書でも大丈夫です。

実は中国のような個人事業主が多い国では、小さな商店でも、こういうのを利用しています。



例えば洋服屋さんを経営したとします。そしてレジがなくても、スマホにくっつけたこのカードリーダにクレジットカードを通してもらうだけで、決済してもらえるのです。中国はカードを使う人がとても多いです。現金が汚いからかな?日本の硬貨や紙幣はきれいですが、中国のものはちょっと汚いです。(中国滞在数年の私が言うから本当)

つまり、こういうサービスは日本ではあまりまだ伸びていないのですが、今後10年に延びる産業のうちの1つとして、投資家から注目されています。

つまり、これは何を意味するのかというと、これからはパソコン一台でどこでも行けるような社会が来るということです。今までは商店を構えて、ビジネスをする時代だったのですが、デジタルの発達によって、パソコンで取引が活発していくので、考え方では、色々できるということです。

また、海外に留学中の子供さんたちにも、簡単に送金できます。手数料が断然安いのがポイント。

ペイパルの情報はあまり日本に出回っていなくて、本当に不思議に思っています。


0 件のコメント: