2016/03/09

トーストマスターズは英語のみならず、プレゼン力の向上に最高の場所

誰でも、発表は恥ずかしいもの。ですが、上手になってくると達成感もあるのがスピーチ。



あなたは幼いころ、または今現在でも、人前でスピーチしたりすることを躊躇ったりしていませんか?また、それが英語となると、もうお手上げ…。という方も多いかもしれません。今回、私はそんなあなたに英語力とリーダーシップを鍛えるのに最適な場所である、アメリカ発祥の国際的な非営利教育団体トーストマスターズのご紹介をしたいと思います。


トーストマスターズという言葉をあなたは聞いたことがありますか?

私が東京で出会う人の多くは、このトーストマスターズという言葉を聞いたことすらないと言います。ある人は、トーストってパンの意味だよね?とか、名前すらしらない状態…。実はこのトーストマスターズは、英語圏では誰でも知っているような団体です。(お隣の韓国でさえ)

私が始めてトーストマスターズに出会ったのは、韓国に留学中だった頃、私の大学内にあったトーストマスターズに英会話カフェで知り合ったアメリカ人の女友達と一緒に参加したことでした。

私の通っていた大学は韓国のど真ん中に位置するテジョン市。この街は、北に世宗特別自治市というソウルの機能を少し移転した小さな首都のような場所があったり、またテジョン市自体も、理系の大学が多く、研究所も多くあるため、海外に何かを発信しようとする人が比較的多い街でした。

トーストマスターズについてこのブログで語るよりも、動画を見てもらったほうが早いと思いますので、一応このページには動画を掲載してあります。

まず、トーストマスターズとは、厳密に言うと英語を勉強する場所ではなく、プレゼンテーション力を高めたり、リーダーシップを高めたりする絶好の練習場所です。

ここでは、2時間くらいの間、決められたステップに沿って、集まった人たちが、自ら自分の役割を果たしていきます。

簡単に言いますと、司会役や、文法を指摘する人、スピーチの中で”アー”って言っていないか数える人、また3分間などの短いスピーチを行う人、それを評価する人、時間を計って記録する人などです。





①Ah-Counter (アーと言っていないのかカウントする人)

②Grammarian (文法の間違いを記録する人)

③Timer (時間を計る人)

④Toastmaster (ミーティングの進行役)

⑤Topicsmaster (スピーチ後に行われるテーブルトピックの進行役)

⑥Meeting Speaker (アイスブレーカーという3分間のスピーチを披露する人など)

⑦Table Topics Speaker (テーブルトピックの進行役に名指しされて突発的に話さなければならない人)

⑧Evaluator ミーティングに参加したスピーカーに対してフィードバックを与える人。

⑨General Evaluator  (ミーティングで行われたことを総評する人)

以下参照
https://www.toastmasters.org/Membership/Club-Meeting-Roles
ここに集まる大部分の人には役割が与えられ、それをきちんと果たさなければなりません。

私は会員になったことがないので、購入をしたことはありませんが、このURLにあるように、トーストマスターズにはマニュアルが存在します。これは、会員になると、発送されるそうです。会員っていっても、半年で5000円くらいという、驚愕の安さにはびっくりしますが…。

https://www.toastmasters.org/Shop/Education/Manuals



TEDトークって聞いたことありませんか?YouTube で世界中の人がプレゼンテーションしているのがみれます。こういう人たちも、トーストマスターズで伝える力を鍛えてきています。

今や誰もが発言をしていかなければならない時代。例えば区役所で何か手続きするときなども、状況を説明しますよね?また、仕事でお客様に何かを説明しなければならないときにも遭遇するはずです。

トーストマスターズは英会話交流などとは違って、パブリックスピーキングのトレーニングという目的がハッキリしているため、語彙数や発信型の英語力が伸びます。

英会話交流の場合、ただ同じことを延々と繰り返して話すだけで、またネイティブスピーカーがいた場合、ただ彼らの話を聞くだけになってしまうので、あまり英会話の向上は期待できませんが、このようにトーストマスターズは、自分の言いたいことをまとめて話す機会を与えてくれるので、会話力だけではなく、自信を持つことができるようになる。などの総合的なメリットがあります。

都市部なら、日本全国どこでもあるトーストマスターズ。今や世界中で多くの企業がこのトーストマスターズを推奨しています。

以下は、全国にちらばっているトーストマスターズのリストです。
http://www.district76.org/ja/clubs/

是非、見学だけでも検討してみては?英語だけではなく、日本語で人に説明する力がもっと伸びることは間違いなしです。

こんな記事もオススメです。
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」

「英語の上達方法」に戻る

0 件のコメント: