2016/04/23

強制的、義務的を表す compulsory / mandatory / obligatory の違いと語源

①compulsory
②mandatory
③obligatory 

翻訳業に携わっている方なら、この煩わしい単語の違いにうんざりしている方も多いかもしれません。なぜなら、これらの違いは語源の力、または日本語の力なしでは読み解くことが出来ないと思うからです。

まず、簡単に語源から紐解いていこうと思います。

①は、 compel から派生したものです。
compel は、 com+pel 
pel というのは、 pulse つまり脈の意味です。脈は速く打ちますね?それが、drive 駆動の概念に繋がります。 com は一緒にの意味です。つまり、家畜などの牛さんたちを一斉に集めて、違う場所に駆動させる。誘導するようなイメージ。これが強いるという意味に繋がります。

ちなみに、
compulsory education これは義務教育と完全一致できます。
https://en.wikipedia.org/wiki/Compulsory_education

force も強いるという意味で使えますが、これは力の意味なので、力で強いるという意味しかありません。ですが compel は国民全体を強いるような意味を持つことができると思います。 com という全体的な意味が入っていますので。



②は、 mandate という単語から派生したものです。
man + date

ラテン語では、 mandatum と書きます。意味は、 "commission, command, order,"

man の部分が hand ですね。manual のような感覚。そして date が日付。なのですが、この日付の語源は、 data と同じで与えられたというものになります。data が与えられたものという意味になるのは何となくデータを送受信する感覚からわかると思うのですが、なぜ日付が与えられたもの?と思われたかもしれません。

というのも、私は長らく  data の語源は day だと勝手に思っていたからです。ですが違いました。この記事を作る過程で気づいたことでもありますが。つまり、英語の語源辞書で調べた限り、私なりに解釈すると、当たられたものに日付書く。これはサインの意味。というところから、date が日付の意味になったのではないでしょうか?与えられた約束というような意味で、恋人同士のデートという風につながっていくのかもしれません。この辺は学者ではないので想像力に頼るしかなさそうです。

つまり、mandate は、マニュアル(手で書かれたもの)を渡すの意味になるので、法律的な強制の意味がより一層強まりますね。



神学では、 mandate の意味がこのように書かれています。

In Christian theology, a mandate is an order given from God that must be obeyed without question. For example, the mandate given to Abraham to offer his son Isaac as a sacrifice to God. (Genesis 22:1)

キリスト教では、 mandate は神から与えられた命令であり、口答えせずに絶対に従わなければならないもの。たとえば、アブラハムの息子イサクを神に生贄(いけにえ)としてささげなければならなかったことなど。この意味が分かれば、この①②③の中で、②が一番強い意味だということが理解できると思います。契約によって、つまり法律で強いられているという意味になります。義務教育などは、学校に行かなくても罰を受けるようなことはほとんどないと思うので、それが①②の違いではないでしょうか?


(いけにえを捧げているときのイメージ。何かを炙ろうとしているのかな?)

https://en.wikipedia.org/wiki/Mandate_(theology)

ウィキペディアの英語版で、 mandate のリストを見ても、 international law, criminal など法律関係が多いことがわかります。

https://en.wikipedia.org/wiki/Mandate

以前このような記事を書いて、フェイスブックで批判を受けたことがありますが、やはり英語をかなり上級まで上げたい場合、聖書の理解も必要になってくると思います。

「宗教を勉強すると外国語能力は飛躍的に伸びる」

道路標識は、

https://en.wikipedia.org/wiki/Mandatory_sign

英語で、 traffic sign という意味ですが、その標識に反したら罰せられるものに関しては、

mandatory sign と言われています。

③は違うページでも解説していますが、

obligated / obliged の違い、また oblige の意味が二つある理由」

道徳上の義務というのが基本的な意味で、それが法律上の義務などと混同されていったのではないかな?と思っています。なので、複数の意味を含んでいます。

以下の画像をクリックすると、アマゾンの商品詳細画面にジャンプします。レビューをご覧になると、この2つの語源の評価が高いことがわかります。



こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

0 件のコメント: