2016/04/09

~の場合を英語で?(just) in case / in the case は意味がかなり違う

翻訳をしていると、~の場合という表現を書くことがとても多いです。また、私自身よくわかっていなかったもの含め、完全保存版として以下に記していきたいと思います。

the をつけない場合、~の場合という表現より、~するといけないから。の意味の idiom として使われます。可能性があまりないけれども、一応という意味のニュアンスです。

Bring an umbrella with you, "just in case" it rains. 
雨は降らないと思うけれども、降ったら困るので傘を持っていきなさい。というような感じ。

Just in case

は、私自身があまり使えていない表現です。

では、ネイティブはどのように使っているのか?グーグルニュースで検索してみました。

The Lincoln City Council set aside the just-in-case money
(Reference)
リンカ―ンシティの議会はもしものためのお金を蓄えている。

the をつけて名詞化していますね。もしもの時のお金と表現している英語版のニュース記事を発見。

Just in case something happens like that
(Reference2)

このような何かが起きないとは思うが、起きたら・・

just in case の後には、 SV が続きます。

本来は、in case で一つなので、 just  をつけずに、

In case something happens like that でももちろん大丈夫ですからね?



やっぱり、ケースっていうと、こういうものを思い出してしまいますわ・・。でも、色々な意味で使えるのが case なので、とても便利ですよね!

この記事の本題を書くのがここまで伸びてしまいましたが、

If it is the case of, とすれば、~の場合という表現の直訳になります。

About 103,000,000 results (3.64 seconds) →一億件もあります・・。

省略すると、

"if in the case"

About 53,300,000 results (0.39 seconds) 省略バージョンでも、その半分は使われていますね。

ちなみに日本語の、~の場合を完全一致検索でヒットさせると、

"~の場合"  About 185,000,000 results (0.79 seconds) 

あらま、英語よりもヒット数が多い。というのも、英語では、 if ___when ____でも、~の場合を表せるからだと思います。

https://blog.harwardcommunications.com/2013/12/04/how-to-use-in-case/

この記事にも載っていましたが、やはり

in case という表現と in the case という表現は違うみたいですね。

http://worldts.com/blog/eigoronbunwriting-1/index.html

この記事をみて、私が思っていることと完全に一致しているということがわかりました。

あースッキリです!!完全に腑に落ちました・・

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

0 件のコメント: