2016/04/16

ネイティブが知りたがるスコップ scoop / shovel / spade / trowel 意味の違いと語源

小さい時、よく畑仕事のお手伝いをしました。そのとき、スコップに乗っかり体重をかけたあと、土を起こしました。成人になってから土と遊ぶようなこともなくなってきたように思います。

ところで、スコップって英語でなんていうのか?と考えたことは一度くらいあると思います。

私も考えてはいたけれども、そんなに優先的な単語でもなかったので放っておいていた気がします。最近アラビア語のポケット辞書の単語に完全一致したものだけ丸をつける作業をしていた時、ふと、アラビア語でスコップを意味する単語のところに英単語が二つ書かれていたのを発見。

まず日本ではこのように区別しているそうです。

日本のJIS規格では足をかける部分があるものをショベル、無い物がスコップ
(For your reference)

といっても、日本ではほとんどの人がスコップで済ませるのではないでしょうか?



scoop はアイスを盛るスプーンのようなものが一般的ですが、この写真のようにガーデニング用の小さいスコップにも使えいます。土を掬うようなもの。
https://en.wikipedia.org/wiki/Scoop_(utensil)

ちなみに、日本人が使っているスコップは、オランダ語でもスコップというので安心してください。英語ではちょっと違ってきますが・・。どうやらスコップはオランダから流入してきた言葉ではないでしょか?というのも、今現在でもオランダと日本は同じ意味でスコップという言葉を使っているので…。
https://nl.wikipedia.org/wiki/Schop_(gebruiksvoorwerp)

ちなみにガーデニング専用のものには、 trowel というのもありますので注意!
https://en.wikipedia.org/wiki/Trowel

また scoop  は日本語で言うスクープの意味もあります。これもやはり話題を掬うようなイメージですね。
https://en.wikipedia.org/wiki/Scoop_(news)

ところで、畑を耕すときなどに使う方のスコップには、2つあります。

shovelspade です。ショベルといえば、ショベルカーを思い出しますね。ですが、あのショベルカーというものは和製英語であり、スコップのようなイメージはあまりありません。

ショベルカーが英語で、 excavator ということが理解できれば、ショベルカーが掘削機だということがわかると思います。またスペードの方は、トランプのスペードを思い浮かべる人の方が多いかもしれません。

今回私が、shovel と spade を調査した結果、ほとんどの英英辞書では、


shovel →三角の形になったスコップ
spade →四角い形をしたスコップ

という結果になりました。一部の英語のサイトでは、これらを逆に教えているところもありますが、ほとんどの英英辞書は私が書いた通りです。

私が幼いころ、両足で飛び乗るように圧力をかけて土を起こす際に使うスコップは、ショベル。そう以下の写真のように先が細くなっているやや三角の形をしたスコップ。



なぜなら、 shovel の動詞である shove

http://www.oxfordlearnersdictionaries.com/definition/american_english/shove_1?q=shove

to push someone or something in a rough way

人やものを押し付けるという意味だからです。強く推すという意味からも分かるように先っぽはとんがっています。ここがポイントですね。

このとんがった方がスペードだと思った方が殆どだと思います。なぜなら、トランプではこの形のようなものがスペードとして扱われているので・・・。

ですが、ウィキペディアでも、グーグル画像でも、英英辞書にある図でも、スペードは四角い方のスコップでした。

私が語源辞書で調査したところ、トランプのスペードも、スコップのスペードも spathe というギリシャ語からの語源でした。幅の広い刃物というような意味です。

https://en.wikipedia.org/wiki/Spade

ここまで、色々調べてしまったのですが、英語のネイティブスピーカーに言わせればどっちでもいい。で終わってしまうかもしれません。少なくても、オクスフォードとロングマン辞書では、私が書いたような説明でした。またウィキペディアでも、私が書いた内容です。

最後に。
最近ずっとスコップなんて使っていないけど、北海道にいた幼児期はスコップでたくさん遊んだな。。ということを思い出しました。昔のことを思い出しながら記事を書くのは楽しいですね。潮干狩りの時とか、畑に穴彫って芋虫 (caterpillar) やミミズ (earthworm) などと遊んだことを思い出します。(笑)

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

Etymology (英語の語源関連記事)」に戻る

0 件のコメント: