2016/05/03

軽蔑・軽視を表す despise / contempt / disdain / scorn の意味の違いと語源

先日やる気満々のメンティーさんから、 despise / contempt の違いを調べてほしいという依頼があり、この記事を書いている次第です。

https://www.italki.com/question/85727

①despise
②contempt
③disdain
④scorn



①に関してはとても簡単です。 spise の部分が scope なので、 de = away で、視界から外すというような意味で、蔑むというような意味になります。つまり軽蔑の直訳とも言えそうです。

familiarity breeds contempt

このような諺があるのですが、これは何か、また誰かを知りすぎたりすると、そのものに対する重要度や尊敬の念を失ってしまうということ。

contempt の語源は、 scorn ともされていますが、あまりはっきりしていないようです。

ですが、 contempt は英語版のウィキペディアに詳しく載るくらいの単語でした。
https://en.wikipedia.org/wiki/Contempt

アメリカの有名な心理学者ポール・エクマンさんによると、感情は基本的に6つあり、
①anger, ②disgust, ③fear, ④happiness, ⑤sadness, ⑥surprise などに分類されるのだそう。 contempt は、①と②を足したようなものだそうです。 despiselook down on のような意味がありますが、 contemptanger, disgust も含むということであれば、もうちょっと感情的な表現にも思えますね。

次は、 disdain [dɪsˈdeɪn] 
to treat someone with disdain
He turned his head away in disdain

deign という単語がわかっているクトが前提条件となります。

to do something in a way that shows you think you are too important to do it
自分がとても大切だということを示すように何かをすること

これの反対の意味が disdain です。つまり、大切だということを示すの反対なので軽蔑ですね。

蔑むと軽蔑は何が違うの?と言われて日本人が答えられないように、こういう違いってネイティブでも答えられないので文脈できちんとニュアンスがわかるようにしておくことが大事なのかもしれません。

最後に、 scorn 

古フランス語で escorner だったそうです。 deprive of horns という意味だったそう。 horn は角(つの)ですが、これを奪うということは、つまり装飾品 ornament を奪うということなので、それを身に着けている人からこの ornament を奪うということは、不敬を表しますね!?ということで、この scorn が軽蔑のような意味になっていったと思います。

ちなみにチートスとか、スコーンというお菓子がありますが、これはスコットランド料理だそうです。またスペルが違うので注意。お菓子の方のスコーンは scone です。



https://en.wikipedia.org/wiki/Scone

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

0 件のコメント: