2016/05/19

disturb / interrupt / interfere / disrupt の意味の違いを語源で解説




まずは簡単に英英辞書の解説を見てみることにしましょう。

①disturb
②interrupt
③interfere
④disrupt
⑤intervene


①disturb 
to interrupt somebody when they are trying to work, sleep, etc.

邪魔する。。よく使う言葉ですね。

多くの人が使っているスマホを英語に切り替えると、 "Do NOT disturb" という機能があります。



これは、日本語表示に切り替えると、

おやすみモードとでてきます。英語と日本語では表現方法が全くことなりますね。この "Do NOT disturb" はホテルのお部屋などのドアにもつけられることが多いそうです。

とにかく邪魔しないでって思ったときはこの単語がでてくればいいかもしれませんね。

またこの単語を完全に覚えるポイントは、乱流という英語を知っていることが条件になるかもしれません。乱流は文字通り乱れた流れと書きますが、

"disturb" "turb" は、この乱流の意味を表す、 Turbulence [ˈtərbyələns] と同じ語源だからです。乱流は乱れると書いてありますが、

turbidity というと、濁度(だくど)→どれだけ濁っているか?(かきまぜたような状態)という意味にもなります。つまり、お茶がすごく濁っている状態。これは、 "disturb" のような状態だと考えて問題ありません。ちなみに、 "disturb" 太字の部分は、 "completely" の意味であると、語源辞書では解説されてあります。

ほら、一石二鳥でしょう?


②interrupt 
to say or do something that makes somebody stop what they are saying or doing

中断させるようなイメージ。遮る。簡単に言えば人の話を遮るとかそういうときに使います。

"call is interrupted"

通話が途切れてしまった・・。こういう言葉が言えるようになると、とてもイメージがしやすいかもしれません。

inter があるので、真ん中ので、 "rupture" =破壊されるようなイメージです。それほど難しい単語ではないことがわかりますよね?まず、 "corrupt""disrupt" "abrupt" などにもつかわれる語源である "rupture" をしっかり覚えておくことが重要かもしれません。

私がいつも "rupture" と聞いて思い出すのは、アキレス腱断裂です。。英語では、Achilles_tendon_rupture

ものすごい勢いでプチっと切れるようなイメージが私の中にはあります・・。なので、中断されたようなプチっとする感じがある!というのが私の解釈です。

また突然という意味を表すときに、 "suddenly" と "abruptly" の違いは何ですか?と聞かれることも多いですが、後者がプチっと感が強いため、本当に予想もしない突然で少しネガティブ感があるように思います。

③interfere 
to get involved in and try to influence a situation that does not concern you, in a way that annoys other people

これは日本語の干渉という言葉がそのまま当てはまります。

ちなみに、以前電磁波関係の翻訳をしていた時は、

https://en.wikipedia.org/wiki/Electromagnetic_interference

なんて難しい言葉も意味をあまりわからずに使っていましたが・・( ´艸`)

この単語も、 "inter" を使いますが、~の間でと訳すのが適当でしょう。 "fere" の部分はラテン語で穴をあけるというような意味なので、 "interrupt" のようにプチっと切れる感じではなく、~の間で邪魔する=干渉する。というようなイメージになります。

④disrupt
to make it difficult for something to continue in the normal way


This image is from https://uspca.com/2015/08/disrupt-or-be-disrupted/?

分裂させる。というのが語源的に正しいです。これが混乱させるというような意味にもとれます。

③で、 "rupture" の感覚を学びましたが、これもまさにそうです。 disrupt 太字の意味は、離れるという意味になるそうです。つまり、プチ?ブチ?っと切って話す意味です。

よく、

Demonstrators succeeded in disrupting the meeting.

デモの参加者が会議を中断させることに成功した。などとニュースで聞くこともあると思いますが、そう言う使い方をする単語です。

⑤intervene
これは、介在すると覚えてください。アカデミックワードなので、それほど会話では出てくるとは思わなくて大丈夫なものです。

venecome の意味です。

いかがでしょう?少しはクリアになりましたでしょうか?!

以下はグーグル検索で検索結果に表示された数です。

①disturb (33,600,000)
②interrupt (35,900,000) →①よりも僅かに多い
③interfere (66,700,000) →①と②の二倍はある。。 (OXFORD3000外)
④disrupt (38,700,000) ①と②くらいある。。 (OXFORD3000外)
intervene (24,800,000) →これが一番少ない・・けど結構ありますね!? (OXFORD3000外)

また以下の英語圏のサイトも参考にさせていただきました。
http://forum.wordreference.com/threads/interrupt-disturb-interfere.2012344/

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

Etymology (英語の語源関連記事)」に戻る

0 件のコメント: