2016/05/25

震える系の単語 quiver / tremble / shiver / shudder の意味の違いと語源

quiver
tremble
shiver
shudder

これらの単語を全部見ても、英英辞書の解釈では、

"to shake slightly" は入ります。えー、全部同じなの?と思いきや微妙に違うようです。という私も、会話の時、震えると表現すると、これら3つが同時に頭の中をよぎり、どれを言っていいのかわからなくて、会話がスムーズにいかないということがよくあります…。でも、どうにかして違いを理解したいものですよね?

quiver (ゲルマン語系の震える)

(ナミビアの木々が震えている?揺れている?)

to shake slightly; to make a slight movement

例文
Her lip quivered and then she started to cry.
The memory of that day made him quiver with anger.

あまり、これらの違いについて意識をしたことがありませんでした。

ちなみに、弓を入れるケースも、 "quiver" と言いますが、語源的なつながりがないので注意が必要です。
https://en.wikipedia.org/wiki/Quiver

語源を紐解いてみると、この震えるの意味を表す、quiver は、

quaver の imitation と解釈されています。この意味は、"8 notes" 8分音符の意味です。

https://en.wikipedia.org/wiki/Eighth_note


イギリスではこの8分音符ことを quaver  と言い、アメリカでは、Eighth note といいます。ということは、8分音符のようなイメージを持てばほかの単語と区別できるのではないでしょうか?というのが私の意見です。

ちなみにこの8分音符というのは、1拍の半分の拍のことだそうです。

♪と♩

これらは拍によって違うそうなのです。音楽の授業ちゃんと聞いていなかった私・・・。こういうところでつながってくるのね。実際に、英語の音程を勉強する際も、拍がでてきますし。

http://www.happypianist.jp/music/rizumu4.htm

②tremble / tremble with (フランス語、スペイン語でも同じ)



to shake in a way that you cannot control, especially because you are very nervous, excited, frightened, etc.

感情によってコントロールできないことがポイントの単語だと言えそうです。

My legs were trembling with fear.
Her voice trembled with excitement.
He opened the letter with trembling hands.

これにはいくつかの意味があります…。こういう意味でも使えるそうです。上の説明のように感情によってコントロールできない以外にも、以下のような使い方もできるそうです。

leaves trembling in the breeze
I trembled at the thought of having to make a speech.

この単語は古フランス語らしいです。ちなみに現在のフランス語とイタリア語、スペイン語でも同じものを使っています。
どうやら、tremor という単語の動詞のようです。ウィキペディアでも紹介されており、日本語に訳すと、振戦(しんせん)なんだそうです。

小さな地震にも使える名詞のようです。

https://en.wikipedia.org/wiki/Tremor

これが英語における標準の震えと言えそうです。なぜなら、スペイン語でもイタリア語でもフランス語でも使われているので、ヨーロッパ言語の中で標準の震えという意味だといえそうだからです。


③shiver (寒さならこれ)

(寒さにも動じないロビンちゃん。北海道弁のシバれる=超寒い。はここからきたのかな?

(of a person) to shake slightly because you are cold, frightened, excited, etc.
Don't stand outside shivering—come inside and get warm!
He shivered at the thought of the cold, dark sea.
shiver with something to shiver with cold/excitement/pleasure, etc.

Old English ceafl "jaw," からきているというのが有力らしい。

またウィキペディアでは引っかかりました。生理現象という説明までされていて、ウィキペディアに名前が載るくらいですから、これを標準と考えるほうが無難かもしれません。

https://en.wikipedia.org/wiki/Shivering



https://fr.wikipedia.org/wiki/Frisson (フランス語バージョン)

実際に、①②に比べ、グーグル画像検索で調べてみると、人が凍えて寒そうにしている写真がいくつもでてきました。寒さに凍えるならこれが適当な単語かもしれません!

という私も、中国東北の大都市満州のマイナス何十度の世界で凍えてしまいそうでした。もちろん熱がでてしまいましたが・・・。ノロウィルスにかかったとき、寒さで震えたり・・・。

④shudder (ゲルマン語系)
to shake because you are cold or frightened, or because of a strong feeling

この英英辞書の説明を見る限り、”少し”という意味合いが入っていないので、身震いする。という意味がぴったりなのでは?強く揺れるという意味合いも入っているそうです。

Alone in the car, she shuddered with fear. 車の中で彼女は恐怖で震えていた。
The bus shuddered to a halt.→バスは停止するために、大いに揺れた。

おまけ。。


frisson [friˈsoʊ̃] というフランス語も英語で使われている模様。

https://en.wikipedia.org/wiki/Frisson

鳥肌↓
https://en.wikipedia.org/wiki/Goose_bumps

英語圏のサイトでも見ましたが、明確な答えが出せている人がいませんでした・・・。
http://forum.wordreference.com/threads/tremble-shiver-quiver-shudder.1764336/

英語圏のサイトって結構しょぼいですね。私の記事の内容のほうが充実していると思うのは気のせいでしょうか?

語源を紐解いていくことで、必ずどの単語も何かと関連することに気付くはずです・・・。って、これを作っている私ももちろん学びながら作成しているのですからね!?


こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

Etymology (英語の語源関連記事)」に戻る

0 件のコメント: