2016/05/05

ネイティブでも答えられない、茎? stalk / stem の違い

この違いを英語圏のサイトで調べてみると、実に色々な意見があるのですが、今回はウィキペディアの英語版の記述と、 OXFORD learners dictionaries の記述の意見に合わせようと思っています。

この stalk / stem の違いってネイティブスピーカーでもよくわかっていない人が多く、また話題に出す人も少ないため、検索してもあまりひっかかりません。こういうレアなところを学習するのが私の趣味でもあるのですが…。

まず、 stem は茎のことです。一方、 stem の中でも、地面から出てくる茎と、その上にあるいくつかの花を支える茎は言葉が違うそうです。いくつかの花を支える方の茎は、peduncle というそうです。でも、植物学での用語なので英英辞書に出てこなかったりもします。

https://en.wikipedia.org/wiki/Peduncle_(botany)

日本語でも花柄(はながら)という専門用語があるようです。

stalk の説明を見ても、面白いことに、 OXFORD, cambridge, longman, dictionary.com は違うことを言っていますのでキリがなく・・・。というのも、これらすべての英英辞書を見てたどりついた結果は、 stem / stalk は全く同じだという事。でも stem の方が一般的に使われている単語なので、 stem を使うことが正しいと思います。

ですが、 stalk はカニなどにも使うことが出来ます。そしてこの場合、 stem ではないので注意。



ちょっとわかりづらいかもしれませんが、カニの目って顔のくっついているのではなくて、目の下に支える棒のようなものがあります。この部分を stalk というのです。

植物の茎といえば、 stem と覚えてしまう人も多いですが、 stalk と言われたら、え?なんだったっけ?ってなるのではないでしょうか?というのも、 stalk はストーカーなどの意味を持つ、尾行するのような意味もあるからです。

このように、一応  stalk にも茎の意味があるということは押さえておきたいものですね。

http://www.oxfordlearnersdictionaries.com/definition/american_english/stalk_1?q=stalk

ちなみに、

stem from という句動詞は英検などにも出ますし、一般的に本にたくさん出てくる句動詞でもあるので覚えちゃってくださいね。

Their disagreement stemmed from a misunderstanding.
彼らが同意できなかったのは、誤解によるものです。

つまり、その結果の原因は茎の部分だということですね。

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

Etymology (英語の語源関連記事)」に戻る

0 件のコメント: