2016/06/28

中国の女性報道官「華春瑩」と、台湾総統「蔡英文」の中国語を比較



出典:http://au.china-embassy.org/eng/fyrth/W020131224836034071834.jpg

よく日本と中国が問題になるたびに、この人がテレビに出てきてマスコミの前で要約しますよね。なので、結果的にこの人の印象が悪くなる人も多いと思うのですが、彼女はただ言えって言われたことを述べている報道官です。

中国語を学び続けている私にとってみれば、彼女の中国語の発音はとても参考になるので、中国の政治家の中でも印象が強く残る女性でもまります。

そんな彼女は、私が住んでいたこともある南京市内の南京大学を卒業、また1児の母だそう。



1999年,外交部西欧局で三等秘書官、副部長を歴任。
2003年,中国駐欧州連合使団で二等秘書官、一等秘書官、参事官を歴任。
2010年,外交部欧洲局参事官に就任。
2012年,外交部報道局副局長。同年11月,外交部報道官に就任。

ウィキペディアの情報をみるとこのように書かれていましたが、要するに優秀ってことですね。

ちなみに、華春瑩って書いても読めないと思うので、ピンインでも書いてみます。→Hua Chunying

フア、チュンイン?そんな感じです。

中国語を学んでいる人ならこの動画を見ただけでいかにこの華春瑩さんの中国語が参考になるのかはすぐにわかると思います。中国に行くと、やかましい人が中国語をたくさん話すのを見て嫌気がさすこともありますが、上品な人が話すと音楽を聴いているような感覚になります。まさにこの動画はそんな感じでした。

それでは、台湾総統である蔡英文さんの中国語を聴いてみましょう。


この動画は、台湾の原住民に対して謝罪、または和解の方向へ進みましょうという内容のことを話されています。

台湾総統である蔡英文は、みなさんもご存じのとおり、とても有名な方だと思うので、彼女の経歴などはここでは割愛。

結論。。

どちらの中国語もとても聞きやすいです。一つ一つはっきり発音する中国語は、センテンスで強弱が決まっている英語に比べて、

日本人にとっては覚えやすい、または発音しやすい言語かもしれませんね。

またちょっとここでは論外かもしれませんが・・


この動画はお隣韓国の大統領、朴槿惠先生の中国語です・・・。

以下は、フェイスブックでのコメントです。

Saki さん 
特訓されたニュース アナウンサーの真似するのは正しいです、台湾も中国も同じレベルです。
ちなみに、私は日本語の発音練習はNHKばかり聞いてました。(^^)

台湾人さん
華さんの中國語が舌捲な北京方言を付いてる。蔡さんの中國語は軟かい台灣の方言を付いてる個人の感覺御參考。

Mimura さん
口調も含め、私は蔡英文總統の話し方が好きですね。
中国式の捲舌音を聴いてると耳が痛くなりますし(^^;
それと、華は単なるマリオネットでしょうし、優しい口調の中にもしっかりとした芯のある話し方で自分の意見を述べる蔡英文總統とは比較にもならないと思います。
今年の就任式もそうですし、向原住民道歉のときもそうですしね。


小森 さん
発音の違いは文化の違いでもあるし、好みでいいんじゃないですか?
政治家としての資質とか人間性を比較するわけでなし。

神埼 さん 
台湾の中国語は外人の日本語ぐらいなまり強いですよ。 そもそもzhishiriの発音すらできてないですから台湾は。 台湾の中国語を「きれいな中国語」と言っているようではレベルはまだまだですね。

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」
「台湾語と中国語の違いは何ですか?」

0 件のコメント: