2016/06/04

~に関して? about / as for / as to / regarding / concerning / respecting / in terms of の意味の違いと語源

①about
②as for
③as to
④regarding
⑤concerning
⑥respecting
⑦in terms of 

これらの違いってよくわからない人が多いと思います。また、どれも同じ思って単純に考えていたりとか…。

英語でメールなどをしていると、 regarding がよくでてきて、なんでも regarding で済ませている日本人もたくさん。英訳する仕事だと速度が求められるので、やっぱりいつも同じフレーズを使いがちな人が多いのが現状。仕事が終われば疲れて、調べる暇もなくなりますからね・・・。

また私なんか、不適切な場面で in terms of を連発していたり。。とりあえず、 in terms of って言っておけばかっこよくきこえるかしら~!?なんて思っていた時期も・・(笑) あのコロンビア大学?で、帰国子女の宇多田ヒカルも連発しているし・・。

こういうのって自分自身、整理してみないとうまく使えないものですよね。ということで、私はしっかりと比較して頭の中でよく考えることにしたのです。

about
これは、日本語の~について。と全く同じと私は考えています。~の周りという意味にも使えますが、イメージ的には同じでしょう。

regarding / concerning / respecting はこれらのフォーマルだと思っていていいかもしれません。
(For your reference)

about は、 regarding / concerning / respecting よりも straightforward (easy) です。とネイティブのサイトではかかれていました。

as for


これって、よくみてみると、

for がメインだと思うのです。翻訳をしていて思うのですが、~について。という日本語が英語では、for  になっていることがある。 as は、同時性というのが基本的な意味だと思うのですが、

たとえば、

They are anxious for her safety.

彼らは彼女の安全について心配していた。これは~のために。と訳すよりも、~について。のほうが適切だと思うのは私だけだろうか?英英辞書で調べてみても、

http://www.oxfordlearnersdictionaries.com/definition/american_english/for_1?q=for

concerning someone or something という説明がある。つまり、 concerning と同じ意味を持っているということである。

as well as のように、先ほど述べたものと比べて同じ。という意味があるように、さきほどのべたことについての、~に関してという意味だと思っています。

as to
これは、とてもフォーマルな文章によく出てくると、ネイティブのサイトでも言っています。②③は私はまったく同じものだと思っていました。けれども、その知識を知ってからなのか、難しい文面にやはりこの③がたくさん出てくることに気づきました。

以下のページで、②と③の簡単な違いを解説していますが、

http://ell.stackexchange.com/questions/46168/difference-between-as-for-and-as-to

As for the others, they'll arrive later.
I am doubtful as to its accuracy.

入れる位置が違うという簡単な説明がありました・・(笑)

regarding
フォーマル感があり、あまり会話ではききません。ビジネス英語でたくさん使いそうな感じがする。けれども、それほど連発する語でもないにも関わらず、日本人の英語対応のカスタマーサービスで連発している人をたくさんみてきました。(笑) regard は再び見るの意味ですから、

regardless of ~に関係なく(再び見る必要がない=~に関係なく)のように、フォーマル感をだした、~に関して、でしょう。

またこの単語は、

メールの最後のほうに書いてある best regards! というような 再び見ることにもつながりますね! regard の活躍場面は実に多い!


(ワンちゃんに再び見つけられたら・・!?)

concerning
ちょっと深刻な感じもするのですが、 regardless とほぼ同じ意味だと英語圏のサイトでは言っています。

ですが、いまいちこの単語がどういうときに使われるのか、私は理解していないと思い、

以下、3つの英英辞書の例文を列挙することにしました。

He asked several questions concerning the future of the company.

All cases concerning children are dealt with in juvenile court.

(OXFORD learners dictionaries)

calls from young children concerning lost pets

the facts concerning Marr's car crash

(Longman dictionary)

I've had a letter from the tax authorities concerning my tax payments.

(Cambridge dictionary)

どうやら、 concern が持つ懸念的な意味合いがあるとはどこにも書かれていませんし、英英辞書のディスカッションボードでも、ほとんどの人は、ネガティブな意味に使われるなども書いていませんでした。ですが、語源的にこの

concern cern の部分が、砂をふるいにかけるという意味ですから、=一緒に、砂をふるいにかける。となります。ということは、

regarding の 再び見ると、少しイメージ的には似ているのかな?と思います。

つまり、素直ふるいにかけるということは、この問題に関して、細かく調べてみているようなイメージがありますし、regarding の再び見るは、振り返って細かく見ているようなイメージもあります。

concern の例文を読んでいて思ったのは、結構ニュースに出そうな例文が多いということ。

oxford learners dictionaries には formal と書かれていますが、やはりビジネス向けなのかもしれません。かといって、regarding  と何が違うのか?という話になってきますよね…。

http://english.stackexchange.com/questions/317495/what-s-the-difference-between-concerning-and-regarding

そこでこちらのディスカッションボードを再び精査しました。

また私の友達に聞いても、

regarding / concerning は同じ意味で使えるとしか言ってくれません・・・。やはり明確な答えはナイようですね。。

⑥respecting 

これは正直な話、私自身初めて見ました。この前置詞もあったのね?という感じです。

with respect to などは知っていたのですが、
やはり、 with regard toregarding となるので、 with respect torespecting となるわけですな・・・。

ちなみに、 respect の語源は、 regard と同じ、再び見る。という意味です。

in terms of 
~についてというよりは、自分からすると、~の点ではという意味に近い。
前置詞である about なら about her  といえば、彼女についてという意味を表せますが、

in her という英語では、彼女の点で、という意味は表せないため、

in terms of her というように、わざわざ "terms" という単語をいれて、ワンクッションおいているような気もするのです。

terms と複数形にすると、言葉、言葉遣いとか表現という意味にもなります。たとえば、

I'll try to explain in simple terms.
簡単な言葉で説明しますね。
(For your reference)

私はこの意味での terms が terms of  の terms だと思うのです。

最後に。

日本人はやけに、~に関してから始める文が多かったりしますが、それは英語では
"regarding" のような感じではないということ。これはいつも英訳しているときに感じていましたが、そもそも~に関してという意味自体はあまり重要ではなく、つけなくてもいいということを学びました。

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

0 件のコメント: