2016/06/09

屈む、しゃがむ、猫背を英語で!? bend over / squat / squat down / stoop の意味の違いと語源

しゃがむとか屈むって、実はあまり深く意識したことがなかったので日本語でも理解していなかった自分。。

もちろん日本語で理解できていないと英語でも理解できていないということにつながってしまいます。

squat down / crouch は英語圏でも比較されているようです。



あら、ベンディングオーバーをしている女性陣・・・

男性には天国のような光景かしら?笑

私には、屈む(かがむ)という漢字も知らなかったうえに、この意味をきちんと比較したうえで調べたことがなかったので、あいまいになっていました…。

この記事も参考になるかもしれません。

http://english-hanasitaino.seesaa.net/article/285322852.html

しゃがむ。これは英語で、

squat down です。

squat といえば、こういうお尻に力の入る体勢。日本語でもスクワットっていいますよね。それにダウンをつけることで、しゃがむという意味を表すことができるのです!

ちなみに、



crouch という単語もありますが、これも squat down と全く同じ意味です。

ちなみに、和式トイレのことを英語では、

Squat toilet

というそうですね。

追記。。


メンティーさんとレッスンをしていたところ、メンティーさんが屈むという意味で stoop を使用しました。この記事では stoop は書いていなかったので、この単語も比較することにします。

stoop はもともと steep から派生したようです。単語の発音も似ていますね。建築用語でも、 stoop西洋によくある家のドアの前にある階段のことを意味するようです。

steep と言えば、 OXFORD3000単語でもあり、険しいというような意味を表します。

猫背になる、~を前方に曲げる。という日本語に訳すことができるでしょうか?特に、飛行機が離陸するとき、着陸するときに、こういう体制になりますよね?

そんな私のメンティーさんは、マレーシアに向かう飛行機の中の日記に関して、このフレーズを学んだのだそうです。


https://rectorspage.wordpress.com/2013/08/25/the-vantage-point/

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

2016年11月20日

0 件のコメント: