2016/06/14

jewelry / jewel / gem / gemstone / precious stone の語源と意味の違いとは?

まず、 jewelry という単語はみなさんご存知だと思います。というのも日本語にジュエリーという単語が存在するのですから。

宝石といえば、ジュエルなのかジュエリーなのか、よくご存じでない方も多いのでは?

"a piece of jewelry"
"two pieces of jewelry"

などのように、ジュエリーの場合、 "a jewelry" という言い方はできません。



(この写真はルーブル美術館にある、フランス王ルイ・フィリップの王妃、マリー・アメリー・ド・ブルボンクラウンジュエルズだそうです。)

歴史を感じさせますね…。これを作るのに一体、どれだけの人の努力と汗、またはストーリーがあったのか・・。とても気になるところでわありますが・・・(;^_^

https://en.wikipedia.org/wiki/Maria_Amalia_of_Naples_and_Sicily


指輪やネックレス、ブローチ、イヤリング、ブレスレットなど、装飾品としての物。つまり、宝石という石だけの意味ではなく、装飾品としての完成された商品のことを指すのでしょう。これは何も、ダイヤモンドのようなもののことだけではないということを認識しておくべきです。

gem とは、ラテン語で "precious stone" のことを表します。また、正式に言うと、

gemstone = 宝石(これは完全一致します)

ラテン語では、 gemma という風に書きますが…。 "precious stone" と同義です。ウィキペディアのページを見ると、 "precious stone" は、 gemstone のページにリダイレクトされます。

つまり、現代英語で表すと precious stone ですが、正式にいうと、 gemstone となるようなイメージです。

A gemstone or gem (also called a fine gem, jewel, or a precious or semi-precious stone) is a piece of mineral crystal, which, in cut and polished form, is used to make jewelry or other adornments.

ジェムストーン、またはジェム、またはファインジェム、ジュエル、プレイシャスストーンなどとも呼ばれているものは、ジュエリーやそのほかの装飾品を作るために使われる磨かれたまたはカットされたひとまとまりの鉱物であるクリスタルです。

鉱物?元素鉱物のページを参照していただければ、その種類はたくさんあることがわかると思うのですが、このページでは割愛。

少なくても上に書いた鉱物とは、鉱石 (ore)や、栄養素としてのミネラルとは違います。

https://en.wikipedia.org/wiki/Native_element_minerals
https://en.wikipedia.org/wiki/Dietary_element


(この写真のものを以下の写真のようにします)


上のような原石を研磨すると、以下のようにツルツル、ピカピカ、にキレイキレイに見えます。


jewel というのは、ウィキペディアのページで正式なページがありません。定義付けが難しい証拠でしょう。

jewelryOXFORD3000単語ということもあり、誰でも知っているような単語です。一方、 jewel は OXFORD3000単語には指定されていません。

ということで、 jewel の語源を調べてみました。すると、この語源面白い!!

joy が語源なのです。

楽しむ。という意味のある joy

joke
enjoy 
rejoice 

など、joy が語源の単語は結構ありますね。

jewel を英英辞書でみると、 gem と同じ意味と書かれてあります。ウィキペディアでも、

gem / jewel を調べてみると、

gemstone に統一されているので、gemstone の意味と思っていて間違いありません。

また研磨する前の宝石は、裸石というそうです。 loose stone というのだとか。

ちょっと脱線してしまいますが、よく大富豪が多いユダヤ人を意味する Jew と jewelry のスペルが似ているので、話題になることもありますが、語源的に全く関係はありません。

adornment / ornament の違いなど私には研究しなければならないことがたくさんあります…。

今日はここまで(笑)


以下はおまけです。違うページの記事だったものを統合しました。


ダイヤモンドをみたときに私が思うコト



私はダイヤモンドが大嫌いです。というよりも、ダイヤモンドに美を感じないといったほうがいいでしょうか。よく女性はダイヤモンドが好きといわれています。

つまり、内容は細かく書きませんが、私が大好きな言葉でもある、このことわざらしきもの。

Don't judge a book by its cover (本はそのカバーで判断してはならない)


こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

0 件のコメント: