2016/06/11

日本の製薬会社の構図をもう一度整理する

翻訳業界でも一番単価が高いといわれる薬品メーカーでの翻訳。

復習もかねてどんな薬品メーカーがあるのか、もう一度復習してみたいと思います。
というのも、私は以前数か月丸の内で働いていた時に、この薬品業界の携わっていたので、研修の時に自分自身、薬品メーカーのことを少しかじっていました。

今回は記事にすることでより、この業界についての大まかな構図を理解できたらと思っています。

①武田薬品工業
テレビのCMなどで何度も見たことがあるのは確か。

(御堂筋に構えている本社です。日本では最大手)

②アステラス製薬
丸の内で働いていた時に、この名前を何度も聞きました。普段薬を飲まない私にとってはどれもあまりピンとこなものなのですが…。

東京日本橋の三越前にあります。

③第一三共
品川駅付近の第一三共に、エアコンの修理アシスタントをしたときに潜入したことがあります。



この辺までは、世界の製薬会社TOP20に入りますが、④からはガクっとランクが下がってしまいます。

④大塚HD(医療関連事業)


⑤エーザイ

中学生のとき?高校生の時?チョコラBBを飲んでいたのでわかります。




⑥中外製薬

テレビのCMで名前くらいは聞いたことあります…。日本橋三井タワーに本社が入っていたんですね。本社は自社ビルではないようです。





⑦田辺三菱製薬

http://www.mt-pharma.co.jp/shared/show.php?url=../release/nr/2015/MTPC150206.html

(名前からして結構売り上げたかそうですが…。)

⑧大日本住友製薬
売り上げが少なすぎて、あまり私の視界にも入ってこなさそう…。



考えてみれば、私が2010年ころ、上海の薬品関係と連絡を取り合う通訳の仕事で、落ちた一番の理由が薬品業界の会社名すら言えないということにありました。
「上海に移住を試みるが、就職できず帰国。その後、神戸に滞在」

あの時、上海で就職探しをしていた私は、インド人の面接担当者に、
日本の薬品業界でメジャーなものを3つくらい言えますか?と言われたのに対し、何も言えなかったのです。熱意さえあれば、なんとか大丈夫だろう。とそんな簡単なことしか考えていなかった私…。今真剣にこのように記事にまとめて、この業界にいつでも入れるような準備をしようとしています。

以下ランキングに関係ないのですが、私がどこにどの製薬会社があるのかパっといえるために整理してみました。


大正製薬




ロート製薬(大阪)


記事は編集途中です。。

0 件のコメント: