多言語を操るマルチリンガールりょうこが世界の情報やお得なお仕事情報などをお届けします♩

無調整豆乳(イソフラボン)を飲み続け、エストロゲン様作用で中性的な顔立ちになった私




動画撮影もしている私。なので、目に見える形で、私が普通の男性よりは中性的な顔立ちをしていることはわかっていただけると思います。このように、ブログがどんどん読まれてくるようになってから、今までタブーとされてきた、

”リョウコさんってオトコ!?”とか、”え?ホルモン打ってるんですか!?”のような言葉を聞くようになってきました。

もう・・。そんなもの打ってない!!一応、医薬品系の翻訳をしていたのもあり、ホルモンを打つと、副作用がでてくることや、イライラしやすくなる。など、人によってはデメリットになることも多いらしく、私はいまだに手を付けられない。

というよりも、私はできるだけ自然体でありながら、女性でいたい。と思っているので、このように食品から女性ホルモンに近いものを摂取するようにしています。

私の考えとしては、より内面的な美を鍛えていきたいので…。

①思春期からニキビに悩まされていた私


そもそも私が豆乳を飲み始めたのは、ビーガンダイエットを始めたのがキッカケでした。このダイエットを始める前の私は、食品がヒトの外見を変える。なんてことは決してありえないと思っていた。外見は遺伝。ニキビも遺伝。など、すべて遺伝で済ませていた感がある。

私がビーガンになろうと思った理由は、まさにニキビなどが動物性たんぱく質からきているのでは?と思っていたからでもある。


そんな私は思い切って中国で日本語教師をする前に、日本でビーガンダイエットを始めた。それは、動物性食品をすべて摂取しないということ。

詳しくはこちらの記事に書いています。
「私が【ビーガン】を辞めて正解だった理由

ビーガンを始めたときは、たんぱく質と炭水化物の違いも分からないくらい栄養学に精通していなかったので、とりあえず米と野菜とかを食べていました。ま、納豆なども食べましたけどね。

けれども、そうやってビーガンをしているうちに、顔がどんどんコケていくのがわかった。3か月目くらいで2キロくらいは痩せたかな?つまり、徐々に痩せていくパターンを経験した。

②韓国人に言われた一言。フケたね
日本と中国で合計、半年くらい卵は少し食べるものの、ほとんどたんぱく質を摂っていない状態が続いていた私は、中国から韓国に渡ったとき、

お前、フケたな。どうした?

と言う風に言われてしまう。そのとき、私は痩せたことには気づいていたけれども、健康的な痩せ方とは程遠いということには気づいていなかった。つまり、骨と皮みたいな、ハリのない、栄養失調みたいな感じになっていた。例えば、笑おうとしても苦笑いに見えるような顔。健康な人は顔にうっすらうまい具合に筋肉がついてハリがあるような感じもするのですが、そういうのも全くない、簡単に言えば中国の農村に住んでいるガリガリの人!みたいな感じだと今考えれば思う。

そのとき、私は初めて栄養について考えた。つまり本当に、たんぱく質ってこんなに重要なんだなってことです。

さっきも書きましたが、私は炭水化物(米や小麦)とたんぱく質(豆乳や卵)が、どんなものかすら知らなかった。


③豆乳を飲み始めて2ヵ月経った頃、カワイイと言われるようになる


それで私はたんぱく質を摂ろうと努力する。けれども、ベジタリアンになってから数カ月だったのでもちろん肉や魚などでたんぱく質を摂ることを自分で禁止にしていた。

そして、毎日豆乳を1リットル飲むというダイエットを開始。豆乳なら植物性たんぱく質なので。

それから、コケていた顔がふっくらして、韓国人男子からは、カワイイと言われたりするようになる。

私は豆乳を飲んでもう6年以上たちますが、豆乳を飲むと、肌荒れが少なくなり、肌のきめが細かくなったような気がします。→かなり確信。

なんだろう。これは今でも自分の腕を見て思うのですが、明らかに飲む前の時よりも、きめが細かくなっている。

女性ホルモンに似た作用があるエストロゲンを含む、イソフラボンが豆乳に入っているのだから、やはり男性的な肌ではなく、女性的な肌に近づいていることは確か。

また顔が丸くなり、表情がやわらかくなったと思います。




飲み続けると、習慣化され、飲まない日がなくなってきます。飲みすぎはだめですよ!?よくわかりませんが・・・。

いわゆるイソフラボンの摂取によって、エストロゲン作用(女性ホルモンに似たようなもの)を取り入れることができるようです。つまり、体つきが丸くなります。→これは私が体験しているのだから本当…。

私みたいに、一時期1日1リットル飲むのもありかもしれませんが、(中性的な男子になりたい人の場合?)

やはり、最終的には朝夜ずつ、コップ毎日コップ1杯の豆乳を飲むのがいいかもしれません。女性の場合は、1日コップ一杯飲むだけでも、女性らしさをずっと保てるのではないでしょうか?よく、更年期障害に悩んでいる女性には、豆乳がいい。と聞いたりしますし。

④なぜ、豆乳に入っているイソフラボンを摂取すると、肌がきれいになる?
肌がきれいになるというよりは、きめが細かくなります。男性ホルモンのテストステロンが強いと、ザラザラになる。その逆になるということです。

まず、これを理解するにはエストロゲンという言葉を理解しなければなりません。

エストロゲンとは、ホルモンの一種です。一般に卵胞ホルモン、または女性ホルモンと呼ばれ、 "Estrogen" の語源は、ギリシャ語で、"estrus" つまり発情と、接尾語の "-gen" これは発するという意味、つまり女性はエストロゲンの分泌がピークになると、発情する。という意味からきているのだそうです。

つまり女性ホルモンですね。

イソフラボンはそのエストロゲンのような働きをするということで、”エストロゲン様作用”があると言われています。


④豆乳を習慣化するコツ
たとえば、スナック菓子の代わりに、バナナを食べながら豆乳を飲む。とか。私はバナナを潰して豆乳にいれるのも好きです。またハマっているのがカロリーメイトを食べながら豆乳を飲むというもの。カロリーメイトって水分があまりないので、お茶など欲しくなっちゃうじゃないですか?それをうまく利用して豆乳を飲んでみる!

あと、豆乳パスタとかも好きだな。あと、これは気持ちの問題かもしれませんが、豆乳を飲み始めて?おそらく栄養学を理解し始めてから、勉強ができるようになりました。豆乳の影響というよりも、以前より食に対して意識する癖がついたため、探求心が旺盛になったのかもしれません。健康意識や時間管理意識が生まれ始めたのは事実。

もちろん、間違った理念や方法でベジタリアンになった、または実践している方は、この時間管理という意識まで到達しにくいのですが…。

お肉ばかり食べている人は、胃などの消化器官に優しい豆乳に変えてみることで、メリットはあるかもしれませんね。

⑤今現在は、どのくらいのペースで飲んでる?


今はコップに一杯を1日2回くらいです。やはり豆乳を飲むことが習慣になっているため、欠かせません。

私の体重は53キロくらいなので、1日当たり53グラムのたんぱく質が必要。
豆乳を飲み始めたころは、
1リットル豆乳を飲んでいました。つまり、これで45グラムのたんぱく質を摂取していたのです。

けれども、今は500ミリリットル、つまりたんぱく質を豆乳から22.2グラムしかとっていない。

豆乳=22.2グラム
卵4つ=30グラム(一つあたり、7.5グラム)
合計=52.2グラム

のたんぱく質を摂っています。また、美容にも良いDHAをとるために、

サンマのかば焼きの缶詰=16グラムをたまに摂取。これがまたおいしいんですよね・・。

また、相変わらずかわいいと言われたりすることがあります。男装の時も普通の男子から可愛がられるように・・。女性からも、安全な人と思われることが多いような気がします。中性的なのがメリットとなることの一つとして、女性から警戒されないことでしょうか。(笑)


⑥賢い豆乳の選び方


こちらが2009年にベジタリアンになってから、飲み続けている豆乳。なぜ私がこの豆乳を選んでいるかと言うと、ただたんにたんぱく質の量もよく、値段も安かったからです。

良質な豆乳を選ぶ基準が、まず、無調整が第一です。調整豆乳は余計なものが入っているので栄養価がぐーんと落ちます。無調整を飲み続けていると、舌が慣れてくるため、甘さを感じるようになりますので、最初何にも味しなくない?と思っていても、味が分かってきます。

その次に、やはりたんぱく質の量を比較してください。濃厚さがすぐにわかります。このマルサンの投入も、なんだか無名の会社のように思えるのですが、韓国で売られている有名な豆乳よりたんぱく質の量が多い。

世の中には、記事の注目を集めるために根拠のない情報を流す方が多くいらっしゃいますが、やはり何が真実化を知るためには、数値をまず理解すること。

そして、栄養学的なものをまずは基礎として身に着けることをオススメします。もちろん人それぞれの体に適応できるのかは、それぞれなのですが…。

そういう意味で数値を知るということは、平均的な人たちの基準にすぎません。色々下調べをし、慎重に選んでみてください!

ちなみに、6年以上豆乳を飲んでいる私は豆乳がなくなると、何か物足りなくなってしまいます…。ま、ベジタリアンなので、魚や卵を食べないとなると、大豆しかないからっていうのもあるかもしれませんが…!

こんな記事もオススメです。
「私が【ビーガン】を辞めて正解だった理由」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

2017年05月02日更新


無調整豆乳(イソフラボン)を飲み続け、エストロゲン様作用で中性的な顔立ちになった私 無調整豆乳(イソフラボン)を飲み続け、エストロゲン様作用で中性的な顔立ちになった私 Reviewed by よこいりょうこ on 6月 24, 2016 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.