2016/06/21

動物は陸棲動物と水棲動物に分類できる

タイトルでは陸棲動物と水棲動物と書いてありますが、簡略化した漢字ではそれぞれ陸生と水生と書いています。

あまり、生物の違いを知らない方の中には、植物も動物も同じでしょ?という方がいるかもわかりません。実際に私は科学分野は苦手だったので、その違いすらもちろん知りませんでした。

幼いころ、植物も痛みを感じるはずだ。とずっと信じてきました。そして、私は植物になったことはないので、もちろん植物が痛みを感じないとは断言できません。
ですが、何かを判断するとき、やはり科学の基準に従うのが賢明でしょう。

Organism とは日本語に訳すと生物です。
これを研究することを、biology (生物学) と言いますね。
https://en.wikipedia.org/wiki/Biology

この Organism を大きく分けると、
animal (動物)
plant OR bacterium (植物 OR バクテリア)
という風に分けることができます。

以下参照
https://en.wikipedia.org/wiki/Organism

このページでは動物と植物などの違いについては割愛します。
多くの方が意識していないこと。
それは、動物は陸生動物と水生動物に分類できるということです。
これはペスクタリアンが、なぜ魚は食べるのに肉は食べないの?って聞かれたときの、ちょっとした理屈にもなります。(笑)

Terrestrial_animal (陸生動物)
https://en.wikipedia.org/wiki/Terrestrial_animal

これは、陸で私たち人間と生活しているので普段目にすることができますね!!

Aquatic_animal (水生動物)


https://en.wikipedia.org/wiki/Aquatic_animal
残念ながら、両方ともウィキペディアの日本語版がありません。日本語圏での検索でも陸生動物と水生動物の記事はいくつかありますが、やはりウィキペディアは世界中で閲覧されている百科事典ですので、ヒトの記憶に残りやすいので残念です。

ここ何年もウィキペディアを閲覧していて思うのは、日本語版より中国語版のほうが豊富になっていること。おそらく日本人よりも遥かに大量の中国人が米国に留学していることもあり、ウィキペディアで英語から中国語に翻訳する人材が多いのでしょうね。

このように、違いを知り区別するということはベジタリアンライフを納得できるものにできるかもしれません。

またこの記事はベジタリアンになってくださいと勧めているわけでもありません。

この記事が、動物は陸棲動物と水棲動物に分類できるということを知るきっかけになっていただければと思います。

0 件のコメント: