2016/07/14

宣伝しなければ売れないようなものは買わない取り組み

ふとこう思ったのです。私たちは電車に乗ると目のやり場がないためか、見たくもない広告に目が行って知らない間にその商品を認知している。という不思議な環境にいたりします。

世の中には宣伝しなくても売れるものもたくさんありますし、宣伝しなければ売れないようなものもある。また宣伝しているのはより利益を上げるためでもあるので、必ずしも宣伝しているからと言って悪い商品と決めつけるわけにもいかない。



さて私がこの記事でお伝えしたいこと。それは、自分で考え判断する力。

成分などを分析する。または自分に合った食品や化粧品をしっかり見極める力。そういう力が今後もっと問われていく。そんな風に思うのです。

特に科学の知識が薄くても、インターネットで検索すれば勉強はできる。でも、そこら中に溢れている根拠なしの記事などには惑わされないようにしたい。って私は思っているんです。

今の時代、悪い言い方をしたら騙し合いの世の中だと思います。利益を生むことだけが先行する時代。そんな中で何が大切なのか。何を気を付けるべきなのか?ということを一般の消費者は考えることが必要なのだと思う。

と私はこんな記事を書いている理由は?

とにかく、考えてほしいということです。育毛剤にしても、英語の教材にしても、比較してそして本当に自分に必要だと思ったら、それを購入する。

少々高くても本当に必要なもの、また自分が調べて納得したうえで購入したものには価値がある。

これは友人関係にも言えるのではないでしょうか?価値ある、愛を注ぎたい人に誠意をもって接する。

そうやって良い友人関係を保ち、質の良いもの食品に囲まれ、幸せを感じるのではないかと思うのです。

今の現状をよしとするだけではなく、もう一度再考しませんか?良いものにしていくために。

これはある意味、モノづくりにおいて質を追究してきた日本人にとっては特技かもしれませんね。(笑)でもやはり人間いつでも忘れていく生き物。今こそ、量より質を重視するときではないでしょうか?

こんな記事もオススメです。
「"Quality above Quantity" 量より質。いつも忘れがちな私」

「マルチリンガールの疑問、提案、オピニオン」に戻る

0 件のコメント: