2016/07/08

梅雨だからこそ、人生を豊かに変えるチャンスをつかむことができた

私は今29歳なのですが、梅雨というものを自覚?しはじめたのは、実際28歳のときです。去年…。そもそも北海道で18歳まで過ごしてきた私にとって梅雨といっても、ピンとこなく、また18歳以降も、外国を転々としていたせいか、梅雨事態をほとんど意識することがなかったのです。



またその梅雨を意識していなかったことが原因で、何かを失敗したりしたというようなことがもしかしたらあったかもしれません。梅雨だから気持ちがダウンするのは当たり前。それを知らず、対策を練ってこなかったことが、梅雨に仕事を辞めることが多かった原因かもしれないと、振り返ると思ったりしています。

今年、2016年の梅雨はちょっと違い、梅雨が始まる前から、いつからいつまでが梅雨なのか?という情報を事前にキャッチし、何をしよう?と戦略を事前にたてました。

2013年~2014年くらい、私は目黒に住んでいたのですが、そのとき中国語の漢字でできないところをたくさん書いたノートがありました。このノートを毎朝1時間片づけていこう。と思ったのです。

1日1時間、結構大変だと思ったのですが、朝4時に目覚ましをかけ、5時に起きるという習慣をつけることで、会社に行く前の2時間を有効に使うことができたことに、驚いています。

いままでは、早起きしても何かやることがなければ意味がない。と思っていたからです。

早起きをすることで9時に消灯することも今は当たり前になってきました。幸い現在の職場が残業がなく18時には上がれる会社なので実現していることではありますが・・・。

何かを覚えたり、考えたりするのは午前中に済ませるようにする習慣を構築中なのです。



今回、毎朝みなとみらいのとある展示場に毎朝7時に通うことで、(カフェよりも広々とした机があり、無料で勉強できる。しかも朝七時から空いている・・・!)

私自身、おろそかにしていた漢字の構成を、英語の語源を推察しているときのように考えることができる習慣を手に入れることができました。また夜の無駄な時間、特に21時~24時の寝る前までのダラダラ時間?が日常から消えることによって、そのネガティブな時間が朝のポジティブな時間に変えることができたと思っています。

今年の梅雨は忘れられない思い出となりそうです。

6/5~7/23 まで予定していた中国語の復習は、本日7/9終了!

0 件のコメント: