2016/07/13

なぜ世界の有名ファッションデザイナーにはゲイが多いのか?

この記事では、普段目にしたことのあるブランドだけれども、そのデザイナーの顔がみたことのないあなたに、少しでもそのブランドのことを知っていただけるよう、そのデザイナーの写真を掲載して書いています。また同性愛者と噂されているデザイナーをリスト化したものでもあります。

①バレンチノ(ヴァレンティノ)
女性でブランド好きなら知っている人も多い。イタリアのナポリに本社を置くファッションブランドである。

そんなマリオ・ヴァレンティーノは、ゲイ疑惑もありますが、

http://worldofwonder.net/bornthisday-fashion-designer-valentino-2/

Marc Jacobs(マーク・ジェイコブス)
Gianni Versace(ジャンニ・ヴェルサーチ)
Tom Ford(トム・フォード)
Dolce & Gabbana(ドルチェ&ガッバーナ)
Giorgio Armani(ジョルジオ・アルマーニ)

のように、カミングアウトはしていないようです。



こうやって隣に魅力的な女性!?を置くことで自らのブランド的なイメージを維持しているのでしょうね???

このおじさま一人だったらまたちょっと違うかも。。


②カルバン・クライン

いかにも、ゲイっていう顔じゃないですか??

カルバンクラインといえば、私が高校生の時香水などで知りました。また男性のファッション雑誌に必ずと言っていいほどでてくるカルバンクラインのボクサーパンツ。これは男性でファッションに興味がある人なら誰でも知っている定番。そんなカルバンクラインのデザイナーはゲイと噂されています。

でも、写真見る限り、やっぱりそういう顔ですよね!?

http://biography.yourdictionary.com/calvin-klein



この写真だけだとただのおじさま・・。隣に花が欲しいですね!?(笑)イタリア人でもないのでそういうダンディーな感じも見受けられず…。ニューヨーカーだそうです。


③イヴ・サンローラン

この写真二人映っているけど、どっち!?って感じですね。
左側がどうやらイブサンローランだそうです。モノクロの写真ってなんだか味がありますね!

右の男性は一体何者!?



イブサンローランと言えば、私が高校生の時によくブランド雑誌のセール品に掲載されていたような気がする。

また面白いことに、フランスのブランドなのですが、

イブサンローランはフランス領アルジェリア出身のファッションデザイナー。または、彼の名を冠したファッションブランド。フランスが誇る世界的ブランドとなっている。

とウィキペディアで紹介されていることからもわかるように、もとはアルジェリア人。アルジェリアって聞くとアフリカ人みたいな黒人じゃないの?とご想像されるかもしれませんが、アルジェリアは北アフリカに位置し、イタリアの真下です。人種的にはイタリア人の南部系の感じだと思っていただければいいと思います。


④ジョン・ガリアーノ

イギリスのファッションデザイナー。ジブラルタル出身。母はスペイン人。ジブラルタルってどこ?と思われた方も多いはず。イベリア半島の南端なのにスペイン領という不思議な土地です…。

このブランドはあまり私は聞かないですね。ですがモード界では誰でも知っているような人物だそうです。


是非、John Galliano ってグーグル検索してみてくださいね!

⑤マーク・ジェイコブス



1997年からルイ・ヴィトンの服飾部門のデザイナーを務めており、2014年春夏コレクションまでウィメンズ商品をマーク単独で、メンズ商品をキム・ジョーンズと共同で手掛けた。とウィキペディアにあるように、ルイヴィトンのデザイナーとして有名になりました。

今ではマークジェイコブスというお店はどこにでもあるくらい有名です。それにしてもゲイ顔ですね…。

⑥トム・フォード

映画監督だったようですね。また、テキサス州オースティン出身だそうです。

アメリカ人かい!!



なんでしょう。やはりゲイ顔ですね。その表情でしょうか?(笑)

1994年には、グッチのクリエイティブ・ディレクターに就任後、数々の賞を受賞。しているそうです。また、2001年にも、イヴ・サンローラン・リヴ・ゴーシュのクリエイティブ・ディレクターに就任。

実力というよりは、ゲイ同士の人脈で自身のブランドを立ち上げるというところまで上り詰めたのかな??!

フランスを拠点とする、ケリンググループにイタリアブランドのグッチやイブサンローランも含まれているのでその会社とのつながりがあったのかもね!?

⑦ラルフローレン



ラフフローレンといえば、私が高校生の時に着ていたセーターのブランド!?表参道に行くと、大型ショップがある!

この人まで同性愛者だったとは、驚きです。

⑧ジョルジオ・アルマーニ


あら、後ろに美女ではなく、イケイケのサッカー選手らしき野郎!?を背景に写真を撮影!!ちょっとアナタ!!どこまでイケメン好きなの!?!さすがアルマーニ!!

どうでしたか?ファッション界を動かしている大物デザイナーはこんな感じでした。。。

最後に…。

なぜ世界の有名ファッションデザイナーにはゲイが多いのか?

ということですが、やはり一般的な男性と違い、女性の感性も兼ね備えているので普通の男性が思いつかないようなデザインがパッと出てくるのかもしれません。

どこの国でも男性はたいがい社会の中で役割を全うしますが、それがゲイになると少し事情は変わってくる。そういうところから新しいデザインを生む力が養われていくのかもしれません。

またゲイはファッションに敏感であり、その人たちとのつながりなしではのし上がっていけない世界なのかもしれませんね。


0 件のコメント: