2016/07/20

渋谷・新宿・池袋地区が、銀座・京橋・日本橋地区に勝てない理由



(土日、銀座は歩行者天国になります)

私は現在横浜に住んでいるため、東京が恋しくなるせいか土日などに銀座の歩行者天国に繰り出します。新橋駅で降りて、銀座方面にずっと進んでいくと、中央通りにたどり着きます。そこから銀座四丁目交差点を目指して何も考えず歩いていく。そうすると、中国人の団体観光客や欧米からの観光客、日本の人たちで埋め尽くされてたその道路を通りながら、私は時を感じるのです。

振り返った道が過去のように。不思議な感覚なんですよ?また外国人が多いせいか、日本にいるような感覚が薄れてくる。これは外国人も多い新宿や渋谷とは違う空気。なぜか?おそらくそれは渋谷や新宿は日本のサブカルチャー色に染まっているから、そこにいる外国人も日本に融合したように見えるのでは?と思ったりします。

一方銀座は、高級ブランドが集まるような実質的に日本の商業的な中心地。最近は若者が気軽にこれるようなお店もたくさんオープンしていますが、サブカルチャー的な要素は銀座にはあまりありません。

人によってそれは違うのかもしれませんが、私にとって銀座という街は負のオーラがないようにも思える。

銀座は、負のオーラを放たない理由を考える

東京は、首都圏で1つと考えると、札幌や名古屋のような地方都市とは違い、いくつも商業的な中心地が存在する。

例えば、日本を代表する商業の中心地新宿。新宿と言えば、地方に住んでいる人からすると東京の中心部とも勘違いしそうなくらいに巨大な商業圏。私が北海道にいたときもやはり新宿を目指していたくらいですから…。


(一見日本の中心地にも見えるくらいの摩天楼がそびえる西新宿)

では、新宿には何があるのか?西新宿に大企業はなく、中小企業が多数あります。また派遣会社も多い。新宿には超高層ビルがいくつも乱立していますが、売上高が一兆円を超える大企業は3つしかありません。

NKSJホールディングス株式会社 (2兆8432.26億円) 
富士重工業株式会社 (1兆9129.68億円) 
大成建設株式会社 (1兆4164.95億円)
ちなみに、エプソンは8000億円くらいの売り上げ…。1兆円超えではないので省略…。

一方、これが銀座のオフィス街ともいわれる丸の内になると、

三菱商事株式会社 (20兆2071.83億円) 
株式会社日立製作所 (9兆0410.71億円) 
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ (4兆7632.25億円) 
新日鐵住金株式会社 (4兆3899.22億円) 
出光興産株式会社 (4兆3746.96億円) 
株式会社三井住友フィナンシャルグループ (4兆3264.24億円) 
東京海上ホールディングス株式会社 (3兆8577.69億円) 
三菱電機株式会社 (3兆5671.84億円) 
株式会社三菱ケミカルホールディングス (3兆0885.77億円) 
株式会社みずほフィナンシャルグループ (2兆9130.05億円) 
日本郵船株式会社 (1兆8971.01億円) 
旭硝子株式会社 (1兆1899.56億円) 
三井住友トラスト・ホールディングス株式会社 (1兆1157.81億円)

丸の内の隣にある大手町にもこんなに大企業が…。
JXホールディングス株式会社 (11兆2194.74億円) 
日本電信電話株式会社 (10兆7007.40億円) 
丸紅株式会社 (10兆5090.88億円) 
三井物産株式会社 (10兆0496.37億円) 
アルフレッサ ホールディングス株式会社 (2兆3875.11億円) 
三菱マテリアル株式会社 (1兆2872.51億円) 
日鐵商事株式會社 (1兆0263.54億円) 
信越化学工業株式会社 (1兆0254.09億円)


(日本橋・丸の内・大手町・京橋・八重洲エリア…)

日本橋地区…。(おまけ)
東レ株式会社 (1兆5922.79億円) 
三井不動産株式会社 (1兆4456.44億円) 
花王株式会社 (1兆0125.95億円) 
アステラス製薬株式会社 (1兆0056.11億円) 
第一三共株式会社 (9978.52億円)

京橋(おまけ)
株式会社ブリヂストン (3兆0397.38億円) 
清水建設株式会社 (1兆4160.44億円) 
味の素株式会社 (1兆1724.42億円) 
明治ホールディングス株式会社 (1兆1265.20億円)

八重洲…(おまけ)
MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社 (4兆3157.87億円) 
株式会社メディパルホールディングス (2兆8109.59億円)

というように、日本を代表する大企業が集まっています。西新宿とは比べものにならないくらいの数字です。簡単に言うと、こういう数字を見るだけで、いかに銀座と新宿のレベルが違うのかがわかると、私は思うのです。なんでしょう?東京にはいくつもの顔があると言えばわかりやすいでしょうか…。

つまり、新宿は若者や、中小企業の社会人などが集まってくるエリア。銀座の周りには丸の内、大手町、日本橋、新橋、霞が関など日本の心臓ともいえる大企業が軒を連ねている…。そんな人たちが近くにいる…。

一方、新宿はその沿線に住む人たちが集まってくる場所。渋谷なんかもそうでしょう。

っていう勝手な私の想像なのですが、東京を歩いていていつも感じることなので書いてみました。私にとって渋谷も新宿も池袋も変わらない感じ。これら3つは1つのエリアとも思えたりする。なぜならサブカルチャー的な要素が強い地区だから。渋谷と言えばファッション。新宿と言えば夜の街。池袋と言えばちょっとガラの悪い街で埼玉人が多いイメージ…。そしておまけに原宿も入れると、原宿は中学生とかの街…。でも表参道は銀座には勝てないけど、ちょっとマシな街…。(笑)

でも、日本橋から銀座にかけての碁盤の目になった地区。これは

丸の内
日本橋
銀座
京橋
などを入れた一体エリア。ここはサブカルチャー的な要素が強い渋谷・新宿・池袋地区とは全然違う。同じ東京なのに、なぜこんなにも違うの!?と思えるくらいです!

0 件のコメント: