2016/07/22

舛添要一氏の6つの外国語は本当?舛添要一氏の英語とフランス語を徹底検証!



色々世間をお騒がせしていた舛添要一氏。お騒がせ時期はもう過ぎたかな!?と思いつつ、私は舛添さんと言えば外国語が堪能というイメージがあったのでちょっと調べてみたのです。

猪瀬直樹さんと舛添さん、外国語がたくさんおできになる方ってどっちだったっけ!?と思いながら、ユーチューブの動画を漁っていました(笑)


と思って、猪瀬さんの動画を発見。

もうご覧になった方も多いかと思いますが、猪瀬前都知事も英語がお出来になるのです。発音には批判があるものの、内容がきちんとしていれば、発音がただ上手な人よりはいいと思います。

また音楽を聴いているような、眠くなるような英語をお話になることもちょっとポイント!!

ところで、問題の舛添さんの英語はどんな感じ!?と思った方も多いはず。

1997年にはこのような本も出版されている舛添要一氏。



この画像をクリックするとアマゾンの詳細ページのレビューが見れます。いかにこの本が外国語学習者の励みになっているかお分かりいただけると思います。

1997年といえば私が小学生くらいの頃だ。舛添さんは今でこそ批判の対象ですが、長い人生を苦労し頑張ってきた人物なのですね。とこの記事を書きながら実感。

話はちょっと脱線してしまいますが、そんな舛添要一さんは結婚3回子供は5人!元妻は国会議員の片山さつきという記事を見かけるほどの人物です。

あら、私も結婚3回くらいしちゃおうかしら?って、日本では私みたいな性別不詳は、男性と結婚できないから、オランダに行っちゃおうかな~!?なんてね。(笑)これだけの人が結婚3回しちゃうんだから、私は6回くらいしちゃおうかな?って気にもなってきますね…。



このフランス語を聴く限り、発音は良さそうな感じがします。って、舛添さんひそかにこんなところでフランス人に囲まれてスピーチしていたんですね。目から鱗です(笑)

1978年、最初に結婚した女性がフランス人であることからも、やはりフランス語が英語よりも上手なのかもしれません。

さて、英語はどうでしょう!?


英語に関しても十分上手な感じですね!ですが、なぜか私にはフランス語のほうが堪能に思える。もしかしたらフランス語に強いこだわりがあるのかもしれません!

英語の発音が悪いというわけではないのですが、リエイゾン(つなげること)ができていなかったり、アクセントが微妙だったりするので、私は舛添さんが英語よりもフランス語が堪能という風に結論付けました。

でも、やはりフランス語が堪能っていうほうが、英語が堪能!!っていうよりも世界レベルで見るとかっこがつきますよね!!

調べてみても、フランス語と英語以外は話されている動画が発見できませんでしたが、このように努力家であり、都知事まで上り詰めたエリートであることは間違いありません。

波乱万丈な人生を歩まれてきた舛添さん。今後もご活躍するに違いありません!

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

「マルチリンガル情報(専門以外の外国語学習)」に戻る

0 件のコメント: