2016/07/17

トランプ氏の妻、メラニア氏はスロベニア出身?英語力は?



あらら。日焼けしたアメリカの流行に乗ってる感じの外見ですね…。スーパーモデル?ジェニファーロペス!?を連想させるような顔…。私もこんな顔になりたい!なんてね?(笑)

アメリカ人のことをよく知らない人なら、あ、この人ジェニファーロペスでしょ?ってなるかもしれませんね。

ジェニファーロペスを知らない人は以下に写真はりつけておきますね!(笑)

アメリカでは白人だけでなく、黒人やいわゆる南米からやってくるラティーノ(ヒスパニック系)が音楽業界を占領していることもあり、日焼けした人がモテる地域が多いというのが私の意見。だから、トランプ氏もこういうジェニファーロペス風のスーパーモデルを選んだのかしら!?(笑)

それにしても、メラニアさんの目元、テイラースウィフトみたい・・・・。

下の写真はジェニファーロペス。こっちのほうがまだ愛嬌ありますね(笑)



メラニアさんはユーゴスラビアのノヴォ・メスト出身の元モデルでアメリカで著名な実業家だそうです。(トランプ氏のおかげ!?)

ドナルド・トランプの3人目にして現在の妻である。トランプさん顔で選びすぎ!!( ´艸`)

ユーゴスラビアって聞いたことある人も多いのでは?でも現在は存在しない国なので忘れ去られている可能性もあると思います。

1970年に国営自動車企業で働く父と、子供服メーカーで働く母の家に生まれたそうで、リュブリャナ大学を卒業後モデルとして活動していたそうです。(ウィキペディア情報)

現在は宝飾品や腕時計をデザインしている傍ら、トランプさんの選挙もお手伝いしている模様。

つまり、もともとはアメリカ人ではなかったのですね。スーパーモデルから大統領夫人に上り詰めようとしているってこと!?

こんな記事を書いていたら、そんな人過去にいたなって思い出してしまいました。フランス大統領だったサルコジの奥様。。。



カーラブルーニ。。。とっても有名な人ですね。とても歌が上手なんです。私はフランス語の曲を聴くときはカーラしか聴きません!っていうくらい大好きです。なんでしょう。国民的な歌手ですよね。でも、もともとはイタリア人なのだけど。

西洋の世界では、日本と違ってあっち行ったりこっち行ったりする人、多いですね!

イタリア出身にもかかわらず、このフランスらしさを表現できる感じがたまらないです。フランスの田舎を感じるような曲を歌うのがまた好き。

ところで、

メラニア氏の写真をもう1枚発見してしまった!!

こちらはなぜか顔が白く見える…。一体あなた色黒なの?色白なの??

と言いたくなる私。

女はこれだからわかりませんね。。。一番上のメラニア氏の写真はヒスパニック系のような、南米風なのにこちらはヨーロッパ風?



ま、好きにしてという感じです(笑)私もそろそろイメチェンしようかしら!?

以下の動画で、彼女の英語を聴いてみましょう♪かなりの訛りか感じられます。素敵ですね。やはり個性がある訛りというのは素敵だと思います。

このインタビューで語っているのですが、

彼女もどうやらマルチリンガールのようです。

英語・イタリア語・フランス語・ドイツ語を

操るそうです。

I speak a few languages.

と動画で話しています。私だったら、

several languages と言ってしまうかもしれない。

なんて謙虚な方なのでしょう。



ちなみに、メラニアさんのホームページで、スロベニアの大学で建築学の学位を取得と記されていた。らしいのですが、学歴詐称疑惑が浮上し、公式サイトが突如閉鎖する事態にまでなっているそうです。

色々問題もありますが、この記事とは別に私はアメリカでトランプだけが批判されている状況に疑問を感じていますし、それ以上にヒラリークリントンも、偽っているような気がしてなりません。

今後の次期大統領選楽しみですね。

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

0 件のコメント: